成政 純米酒「純」

先週は急遽浜千鳥大吟醸について書いたので、予定していた成政について書くことにします。
DSCF0677_convert_20150517040840.jpg
富山県南砺市にある成政酒造は、明治二十七年に創業した酒蔵です。名前の由来は越中富山と非常にかかわりの深い武将「佐々成政」にちなんで名付けられたものです。蔵の仕込み水は、富山と石川県境にある医王山(いおうぜん)からの伏流水で、成政が鑓で地を突いたところ、そこから水が湧き出たという「槍の先の水」の伝説としても知られています。
DSCF0678_convert_20150517040901.jpg
佐々成政といえばやはり「さらさら越え」です。賤ヶ岳の合戦で柴田勝家を打ち破った羽柴(豊臣)秀吉の天下取りを阻止すべく、対立していた徳川家康に会うため、厳冬の時期に北アルプスを超えて浜松へと向かったのでした。途中で多くの部下を失いながらも、家康の居城浜松にたどり着きましたが、肝心の家康に相手にされず、無念のまま越中へと引き返したというものです。この話はフィクションのようですが、徳川家の文献にも残っているぐらいなので事実なのでしょう。
さて酒の方ですが、今流行りの吟醸酒とは一線を画した非常に無骨な感じです。コシが強く、香ばしい風味が感じられて、一口飲むと「これは山廃なのか?」と思うぐらい乳酸系の酸味が強めです。常温で飲むよりも燗を付けるべき酒で、これは飲み手を選ぶなぁと思わせるほどですが、酒をよく知る人間には非常に美味く感じるに違いありません。コラムニストの勝谷誠彦氏は自ら日本酒オタクと称していますが、彼のお気に入りの酒でもあります。不器用で、要領良く立ち回ることが出来なかった佐々成政の名を冠するには、これほど相応しい酒はないでしょう。
スポンサーサイト
コメント

No title

かなり個性の強い日本酒の様ですね。
そこまで言われると
どんなものか飲みたくなってしまう
日本酒でもあります。

No title

おはようございます。
乳酸系の酸味、美味しそうですねぇ。
勝谷誠彦さん、最近見ないですね、私
この人の熱く語るところ好きでした。
このお酒の名前いいですねぇ。

No title

おはようございます
>非常に無骨な感じで
このセンテンスだけでも興味をそそりますね。

昔、カラになった一升瓶を酒屋さんに持っていくと
お金になりましたが、いまもそうなんでしょうか?

へるぞうさんのお宅には、カラになった一升瓶がたくさんあるのでは?
と記事を読んで思ったので…。

No title

せいパパさんおはようございます。
恐らく日本酒を飲みなれていない人にはちょっとキツイかも知れません。いわゆる「フルーティ」な酒とは対極にありますから。この手の酒を飲む場合は、必ず燗付けして飲むことをお勧めします。冷やしてだと真価が分かりませんから。

No title

ムームーさんおはようございます。
噂にすぎませんが、勝谷誠彦氏は消費増税に反対するコメントばかりしていたので、TV局から切られたとのことです。あの時はTVに出てくるコメンテーターがみんな増税に賛成していましたから、彼は局の要請に応じなかったのでしょう。TVの報道は信用してはいけませんね(笑)。

No title

くるたんパパさんおはようございます。
近所の量販店では、一升瓶を一本¥50で引き取ってくれるとか。ただしこの店で買った物以外は引き取ってくれないようです。私は面倒なので、資源ごみの日に全部出してしまいます。一升瓶もすぐに二、三本溜まってしまいますね。それにウィスキーの空瓶とビールの空き缶も(笑)。

No title

空き瓶・・・
町内の資源回収で出すんですが
透明とごく薄いブルーしか
持って行ってくれないんですねぇ//
あれ 何故なんでしょうねぇ…

 って 日本酒はお休みシーズンなので
 黒いウイスキー瓶バッカリ
 積んでいるかも^-^y

No title

個性のある酒なんですねぇ。
勝谷氏のお気に入り・・・、うなずけるかも分かりません。

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんおはようございます。
以前書いたかもしれませんが、紫外線を防ぐのに一番良いのはこげ茶色だそうで、日本酒の瓶がなぜこの色が多いのかには理由があるのです。ですからこげ茶色の瓶を回収しないというのは理解出来ませんね。
透明と薄いブルーだけだと、ブラックニッカの瓶も回収してくれないのでは?近くの量販店か、リサイクルセンターに持っていくしかないと思いますが。

No title

MONTAさんおはようございます。
勝谷誠彦氏は日本中の酒蔵を渡り歩いていて、それが本になっているぐらいなのです(にっぽん蔵々紀行 全二巻 光文社)。しかもうどん屋まで始めて、厳選した日本酒しか置かないほどの徹底振りです。その中に成政が含まれているわけですから、余程お気に入りなのでしょう。

No title

おはようございます。
個性の強い勝谷さんの好きなお酒
無骨、一瞬山廃かと感じる酒と聞くと
興味津々、いつも冷やで飲んでるので
この冬に燗して飲んでみたいです。

この酒に限らず、山廃独特の乳酸系の香りは
燗をしたら、より強くなるのでしょうか?
それとも少し飛んでしまうのでしょうか?
今後は、「成政」と聞いたら、
間違いなく勝谷さんの顔が浮かびそうです。

No title

casa blancaさんおはようございます。
勝谷誠彦氏は毎日、一升瓶を開けてしまうほどの日本酒オタク、というよりアル中だそうです(笑)。ただ酒に対する感覚には流石と思わせるものがあります。ただ文章がまどろっこしいのが欠点ですが。
この手の酒は、燗をして初めて真価を発揮します。香りや酸味が、酒の温度が高くなるにしたがって強くなる酒ですので、夏でも燗酒にすべきでしょう。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する