姫竹の味噌汁

あきあかねさんから貰った山菜の中には、モミジガサの他にも姫竹と山独活が入っていました。
DSCF0823_convert_20150514161539.jpg
モミジガサを料理した際、姫竹も天ぷらにして残ったのが四本あります。あきあかねさんによれば、味噌汁の具として使うのが一般的だとか。ならば味噌汁にしてみることにしましょう。
DSCF0825_convert_20150514161557.jpg
まずは皮を剥きます。先端は柔らかいので、注意しないとすぐに折れてしまいます。
DSCF0826_convert_20150514161614.jpg
それを輪切りにして、豆腐と油揚げと一緒に出汁に入れます。ただし姫竹の量が少なかったこともあって、豆腐と油揚げの中に埋没してしまいました。ちなみに出汁ですが、昆布と鰹節の一番出汁を使っています。
DSCF0828_convert_20150514161631.jpg
この地方では八丁味噌を使うことが多いのですが、今回は新潟産のこうじ味噌を入れてみました。豆腐などの柔らかい具材に対して、シャキシャキした食感が対照的です。味というよりも歯応えを愉しむ食材ではないでしょうか。
DSCF0822_convert_20150514161651.jpg
山独活も先端部分は天ぷらにしたので、きんぴらにしてみました。牛蒡のそれと比べると、非常に香りが良いですね。
スポンサーサイト
コメント

No title

 おはようございます。
 姫竹の画像、綺麗で美味しそうです。
 自分は姫竹を食べたことが無く、どのように料理されるおかと思っていたのですが、味噌汁の具にするのが一般的なのですね。食感がよく歯ごたえを愉しむというのは分かる気がします。^^

No title

おはようございます

くるたんママの実家秋田では、この姫竹を自宅で缶詰にして保存するという習慣があります。売り物にするわけではありません。
缶詰にする作業は、専門の人に頼みますが、完成した缶詰を自宅に保存して、お土産物として差し上げたりしています。
しばらく口にしていませんが、今年の夏あたりは秋田に帰省して、頂戴したいですね。
独活のシーズンもそろそろ終わりでしょうか。
きんぴらが一番ですね。独特な風味が大好きです

No title

いい歯ごたえの食材は
大好きです。
可愛い姿がいい感じです。

No title

kouさんおはようございます。
以前貰った時には、天ぷらと野菜の炊き合わせにしましたが、地元では味噌汁が一般的だとか。たしかにこちらの方が手軽に使えるようです。
そもそも筍自体は味というよりも食感を愉しむ食材ですから、どうしても歯応えが大事になりますね。

No title

くるたんパパさんおはようございます。
奥様の実家、秋田では一般的な食材のようですね。保存法まできちんとしているのですから、お盆の帰省の際にはこれでもてなしてくれることでしょう。
最近になって、独活の美味さを改めて再認識させられました。天ぷらにしても、きんぴらにしても、こんな美味いものだったのか!と驚いています。でもそろそろ終わりでしょうね。

No title

せいパパさんおはようございます。
歯応えの良い食材は私も好きな方です。今回味噌汁にしましたが、もう少し姫竹を入れるべきだったと後悔したぐらいです。
最近の子供は、固い物を食べないので顎が発達しないで大人になってしまうそうです。せいパパ家ではそんな心配も無用のようです。

No title

タケノコ!
北海道では
瓶詰にしてムロで寝かせて
つかうときに、開けるために
先日も書いたような気がしするけど
タイヘンな目にあうんだなあ!
オデンの具材とか
新鮮だったら、皮つきのまま
焼いて_φ( ̄ー ̄ )
醤油マヨネーズも
いいなあ

No title

名前がありませんが、北の住人さんでは?おはようございます。
皮付きのまま焼くというのは、あきあかねさんもコメントされていたと思うのですが、ひょっとするとそれが一番美味い食べ方かもしれませんね。
北海道ではこれが筍なんですね。標準和名ではチシマザザだったような…。このあたりではまず見かけません。珍しい食材だと言えますね。

No title

仙台から、おはようございます。

 ヒメタケ、やはり香りがなくなっていたかなあ?
 こちらでヒメタケを使うときは、一旦皮のまま水煮して、斜めに大きめに切って味噌汁に入れます。あまり長く茹でると香りが飛んでしまうので、その方法を採っています。
 でも、やはり香りが一番楽しめるのは、採れたてを皮のまま焼いて食べるのでしょうね。私より北にお住まいのお二方の方がこれに関してはお詳しいと思います。とても身近な食材ですので。

 山独活はもうそろそろ終わりですが、5月下旬ぐらいまではスーパーに並びます。一昨日も我が家では山独活と厚揚げの煮物でした。

No title

あきあかねさんこんにちは。
なるほど、皮のまま下茹でしておく必要があるのですか。とりあえず皮を剥いてから、さてどうやって切っていったらよいのやら…と考えましたが、結局輪切りにして入れました。普通葱のような長細い物だと、斜めに切りますが、これはどうもそれには向かないような気がしたのです。それと中身が少々固くなっていたので、もう少し早く使うべきだったように思います。

No title

こんにちは。
季節ものをいただくのはいいですね。
うどの煮たのを貰った時、あの味が
癖になりました、美味しかったです。

No title

何とも優しい味の汁物のようですねぇ。
歯ごたえも楽しめそうです。

No title

こんばんは。
筍を澄まし汁に入れることはありますが、
味噌汁に入れたことはありません。
油揚げとの相性は良さそうですね。

独活のきんぴら、牛蒡より香りがいい
とのことですが、長く独活を食べていないので
独活の香りが思い出せません。(>_<)

No title

ムームーさんおはようございます。
恐らく姫竹はほとんど扱わないのでは?私もあきあかねさんに貰うようになって初めて使った食材です。以前に本で見たことはありましたが…。
使い方はまだよく分かりませんね。東北や北海道の方ならよく知っていると思います。このあたりで筍というと、どうしても孟宗竹になりますからね。

No title

MONTAさんおはようございます。
姫竹を味噌汁にするのはもちろん初めてです。やはり産地にお住まいの方に聞かないと、使い方は分からないものですね。
このあたりは八丁味噌の産地ですが、今回はこうじ味噌にしました。でも八丁味噌でも良かったような気がします。

No title

casa blancaさんおはようございます。
筍といえば煮るか炊き込みご飯にすることがほとんどで、汁物という発想はありませんでした。豆腐や油揚げとの相性は悪くないと思いますが、如何せん少なすぎたような気がします。
独活はスーパーで普通に売っていると思いますが。さほど高価ではないのですが、やはり買うならJAになりますね。ただ時期的にはもう終わりでしょう。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する