ウコギ

一週間ほど前に芹について書きましたが、その時一緒に買ったのがウコギでした。
DSCF0632_convert_20150423183808.jpg
コシアブラに近い種類らしいのですが、見るのも初めてなので使い方がよく分かりません。
DSCF0633_convert_20150423183829.jpg
さほど強い匂いはしませんね。
DSCF0639_convert_20150423184008.jpg
とりあえず天ぷらにでもしてみましょうか。
DSCF0640_convert_20150423184028.jpg
気をつけないと焦げてしまいます。火の通し方が難しいですね。
DSCF0634_convert_20150423183853.jpg
ネットで調べると、味噌和えにするのが良さそうです。軽く湯がきます。
DSCF0635_convert_20150423183913.jpg
水に晒してよく搾り、味噌と一緒に包丁で叩きます。
DSCF0636_convert_20150423183942.jpg
それに白胡麻を振って味噌和えになりました。加熱したことで香りが立ってきたようです。ほろ苦さもあって、ご飯のおかずには良いでしょう。ただ如何せん量が少なすぎたようです。
スポンサーサイト
コメント

No title

未知の世界の野菜です。
見事な方向転換
天ぷらに使用しなかったら
量は足りてたのかな?

No title

おはようございます。

どんな味がするのか、全く想像できません。
そもそもウコギって?
ググってみました。

>米沢地方では古くから食用を兼ねた垣根として利用されています。
(ネットより)

垣根として利用されていると写真入れで紹介されていたので、
ピンときました。
あれかぁ!!!

食べられるんだぁ!
正直ビックリです。

No title

 おはようございます。
 ウコギ。名前を聞くのも初めてなので早速ググってみました。山形の米沢辺りで昔から食べられているようで、やはり、天ぷらや味噌和えにするそうですが、お浸しなんかにもするそうです。しかし、どんな味なのかは触れられてませんでした。^^; 
 この辺りでも売っているのを見かけたら一度入手してみたいと思います。^^

No title

せいパパさんおはようございます。
私も初見の山菜でした。たまたま売っていて、¥100だったので買ってみたわけです。どうやって使うのか分からず、ネットで検索して天ぷらと味噌和えが無難だと思いやってみました。ですから方向転換という程ではありません。
元々量が少なかったので、これは致し方ないでしょう。

No title

くるたんパパさんおはようございます。
見覚えがあるということは、東北では垣根によく使われているということでしょうか?そんな樹木なら、それを食べようなんて発想がなかなか浮かびませんね。
このあたりでも作っているのか、それとも山から採ってくるのかは分かりません。それほど高価な物ではありませんが、見かけたらまた買うのか?というと微妙ですね(笑)。

No title

kouさんおはようございます。
JAの産直所には、今の時期山菜が売っています。タラノメや筍、こごみあたりが多いのですが、これは初めてでした。一度買って食べてみれば分かるのですが、あまり美味いとはいえません。ちょっと苦味と渋みがあって、それが気に入るか否かでも違うでしょう。天ぷらなら文句なくタラノメの方が上です。

No title

おはようございます。
初めての名前のものですわぁ。
色々なものがありますね。
香りがあるものって美味しいですよね。

No title

仙台から、おはようございます。

 とうとう出ましたね、ウコギ。
 皆さんご存知無い様で、くるたんパパさんも食べた事がなかったようですね。

 山形、それも米沢周辺では今でも垣根にしているお宅が多いです。今の時期に若葉を摘んで、おひたしや「ウコギ御飯」にしています。
 米沢でウコギの話をすると、「上杉鷹山公」が救荒食として奨励して生垣をウコギにさせたのだ、と言います。
 少ない米やおかずを節約する「かて飯(ウコギ御飯)」にして食べていたのが元の姿です。

 ウコギの生垣が余り無い仙台では山に自生するウコギやコシアブラの木から採取します。

 ちなみに、写真のウコギはちょっと「おがり過ぎ」です。こちらで売られているのはもっと小さく若い新芽です。

No title

ムームーさんこんにちは。
私も今回、見たのも使ったのも初めてでした。山菜といってもタラノメやこごみのようなお馴染みの物ばかりではありませんね。使い方もよく分からなかったので、いろいろと調べて調理してみました。また一つ勉強になりました。

No title

あきあかねさんこんにちは。
あきあかねさんのことだから、多分ウコギに関しては詳しいだろうと思っていました。流石ですね。
ウコギというと米沢藩主だった上杉鷹山。彼はあの吉良上野介の玄孫で、彼の師匠に当たるのが細井平洲。彼は今の東海市の出身なので、この地方とはかなり縁があるといっても良さそうです。
このウコギは育ち過ぎですか。それは残念です。もし新芽を食べてみれば、ウコギに対する見方が変わるかもしれません。

No title

こんにちは。
「ウコギ」聞いたことあるような気もしますが、
見たことはないです。
目にしていても料理法がわからず、
スルーしていたのかも。

山菜に詳しいあきあかねさんはご存じの
ようでしたが、へるぞうさんは、初めてのものでも
手にしてお料理してしまう。
チャレンジャーですねぇ。

No title

ウコギって
薬かと思っちゃいましたが
違う模様ですねぇ…

って 素朴な質問

味噌和え って 葉ものと味噌
一緒に たたくんですか?

ってことは

梅干しをたたいて あえものを
やらかすときも
 いっぺんにたたいても いい?

 以上 素人質問でした。

No title

ウコギですか。
これまた初めての食材です。
この辺りでは見かけません。

No title

casa blancaさんおはようございます。
情報がTVか書物からしか得られなかった昔と違い、今はネットがありますから、初めて見た食材でもなんとかなるわけです。
あきあかねさんのよれば、このウコギは育ち過ぎだとか。そのせいなのでしょうか、あまり美味いとは思いませんでした。

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんおはようございます。
実は根の部分が薬にもなるらしいのです。それと中国では五加皮酒というものがありますが、それにもウコギの根が含まれているとか。どうも朝鮮人参と似た成分があるとのことです。
ウコギの場合、ネットで調べたら味噌と一緒に叩いていたのでおなじようにしました。ただ梅干しの場合はそれだけ叩いて、他の素材と和える感じですね。ですからウコギがちょっと特殊なのでは?

No title

MONTAさんおはようございます。
私も初めて使いました。東北ではお馴染みの食材らしいのですが、このあたりでは山菜採りに行かないと恐らく見ることが出来ないでしょう。
さほど美味くはありませんでしたが、新芽の部分なら評価は違ってくるかもしれません。ただ再び使うことがあるのか…。

No title

こんばんわ、あまり聞いたことが無いので

味の想像もつきませんが。。。

強火だと焦げると言うのは

葉に甘さがあるんでしょうか?

No title

忍舞(しのぶ)さんおはようございます。
葉に甘さがあるというよりも、葉が薄くて衣がつきにくく、ちょっと油断するとすぐに焦げてしまうという感じなのです。これが大葉であれば、衣をつけてから打ち粉をし、再度衣をつけるので、目を離さない限り焦げるということはありません。要は、大葉と同じようにすれば良かったのでは?ということなのです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する