鯛の兜煮

碧南に行く用事があったので、ついでに魚為に行ってきました。このあたりでは有名な魚屋で、平日は昼の一時半から営業しています。少し遅れて着いた時点で駐車場は一杯。かなりの客がいました。
DSCF0622_convert_20150418022952.jpg
活け物の真鯛が出ていたのでさっそく購入。これで¥1,500とは恐らく一色漁港よりも安いでしょう。店のオバちゃんが「値段間違ってないの?」なんて言ってたぐらいです。
DSCF0623_convert_20150418023016.jpg
普通この鯛一匹で¥2,000はするでしょうね。
DSCF0627_convert_20150418023034.jpg
まだ身が活かっていたので、一日寝かせてから刺身にすることにして、兜煮にしようと思いました。頭は霜降りにして、ウロコや血合いをきちんと取り除いておきます。
DSCF0628_convert_20150418023059.jpg
ちょうど灰汁抜きをした筍があったので、一緒に炊くことにしました。
DSCF0631_convert_20150418023123.jpg
鯛の出汁を吸った筍は、普通に煮るよりも美味いように思います。
スポンサーサイト
コメント

No title

魚は新鮮よりも
少し経った方が美味しいと
母親も寝かしてましたが
ちょっと傷んだ方が味が深くなるのでしょうか?

No title

せいパパさんおはようございます。
「傷む」というのは恐らく腐る(自己消化)という意味で使っていると思いますが、傷む段階になると自己消化を通り越して腐敗になってしまい、そうなれば食べることが出来ません。
魚を活け締めにした場合、その直後は身のATP(アデノシン三リン酸)という成分に旨み要素イノシン酸はほとんどありません。これが冷蔵庫で寝かせていくと、ATPがイノシン酸に分解されて旨みが増していくというわけです。大体真鯛で一日寝かせると、イノシン酸が最大になると云われています。

No title

美味しそうな兜煮ですねぇ。
こういった物の場合、多少甘辛めの味付けの方が美味しいように、個人的には感じてます。

No title

新鮮な魚は待ちきれずにすぐに食べてしまう我が家。
へるぞうさんブログで、一晩寝かすということを知りましたが、
相変わらず、その日のうちに待てきれずにいただいております(^0^;)

No title

MONTAさんおはようございます。
仰る通りで、兜やアラ煮の場合、大部甘辛く煮付けないと美味くありません。煮魚の場合だと「芝煮」という塩中心で煮る技法があって、薄味にすることが出来るのでそこが違いますね。
兜には筍や牛蒡を一緒に炊く場合が多いのですが、筍はこの時期ならではの素材です。

No title

くるたんパパさんおはようございます。
勿論魚の種類や、どのように締めたかによっても違いがあります。ですから何でも寝かせれば良いというわけではないのが難しいといえるかもしれません。
青魚だと、イワシやアジ、鯖はすぐに食べた方が良いですし、鰤やカンパチは大きさにもよりますが、二日ぐらい冷蔵庫で寝かせた方が美味くなることがあります。勿論活け締めして血抜き処理されていることが前提になりますが。

No title

仙台から、おはようございます。

 一匹1500円?!
 !!!
 こちらに持ってきたら、3000円台ですよ!
 へ~、すごい!

 兜煮の醤油の色、いい色になっていますね。筍の黄色と木の芽の緑色の彩りも良い。とても美味しそうです。

 ところで、この「魚為」という魚屋さん、とても大きな所のようですね。一般小売のお店なのですか?

No title

あきあかねさんおはようございます。
私の書き方が悪かったのだと思いますが、二匹で¥1,500です。なので店のオバちゃんがこんな値段で良いのか?といったと思います。そちらで値付けしているのじゃないか?と突っ込みそうになりましたが。
魚為は料理屋向け以外に小売もしていて、それで多くの客が集まるわけです。近くの碧南大浜漁港以外にも、一色漁港でも仕入れをしています。競り人の資格はないようで、何処かの仲買から買い付けているようでした。実はここの番頭の人とは顔見知りなのです。

No title

ってことは まじ 750円ですか?
いやあ 朝から 酒飲んじゃおう  っと。

土曜休みって いいなぁ
 ψ(`∇´)ψ

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんこんにちは。
二匹写っている方のうち、下の方が¥900、上が¥600といった感じでしょうか。とにかくこれなら一色漁港よりも安いと思います。最初はクロダイでもいいやと思っていましたが、こんな良い真鯛があるなら勿論即決です。
魚為に行ったのは二年振りぐらいですが、距離的には一色漁港へ行くよりも近いので、これからたまに覗いてみようと思います。

No title

こんにちは。
わぁ~大きいですね、これは美味しいでしょう。
タケノコと煮るといいなぁ、山椒もいい香りですね。
私、こういう煮魚大好きですわぁ。

No title

ムームーさんこんばんわ。
ちょうど今、真鯛が産卵期に当たる「桜鯛」の時期になります。この時が一年で一番真鯛が安く買える時期でもあるのです。漁港に通っていれば、それこそ毎日真鯛を食べるぐらいのことが出来たりしますね。
厳密には、アラ煮と煮魚は違いますが…砂糖と醤油で煮るということは同じですが、アラ煮はアラに味が染み込んでいるのに対して、煮魚は煮汁と一緒に食べるという感じでしょうか。煮魚はあまり煮過ぎないようにしなければならない点が違いますね。

No title

こんばんは。
2匹で1500円は、めっちゃ安いですねぇ。
今朝、愛媛の今治の桜鯛をTVで見ました。
ということで、今宵は、お刺身が食べたく
なって、4割引きになっているヒラメの刺身を
柵で買ってきました。安いからどうかなと
思ったんですが、プリプリで美味しかったです。

兜煮にも旬な筍、いいですねぇ。

No title

casa blancaさんこんばんわ。
安いですよね。むしろ養殖真鯛の方が高い筈です。天然物が入手出来るのであれば、旬の時期は天然物の方が値段の点からも得ですね。
愛媛は養殖が盛んなので、TVに出ていた鯛は養殖だったかもしれません。もっともブランド化している養殖真鯛もありますから、養殖の方が劣ると一概に言えないのですが。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する