葱焼き その一

もう何年もブログを書いてきましたが、粉モンを扱うのは今回が初めてです。最近葱焼きにハマっていて、ちょっとした酒の肴に焼いて食べています。今回はひとつ本格的な葱焼きをやってみようと思いつきました。一度で済ませる筈が、とても収まりきらないので、今日と明日の二回に分けて書きます。
DSCF0341_convert_20150312040532.jpg
今日は中に入れる具材の下拵えになります。葱焼きに入れる具材は葱の他、牛すじと蒟蒻です。略してすじこんとも云いますが、実はこの下拵えが結構大変なのです。
DSCF0342_convert_20150312040606.jpg
牛すじは水から茹でて一度灰汁等の汚れを洗い流し、再度水から二時間ほど茹でます。牛すじはある程度時間をかけて茹でないと柔らかくなりません。
DSCF0344_convert_20150312040625.jpg
柔らかくなったら細かく切り分け、濃口醤油と砂糖、酒でちょっと濃い目に煮込みます。
DSCF0345_convert_20150312040653.jpg
次は蒟蒻です。蒟蒻は金気を嫌うので、手で細かく千切ります。
DSCF0346_convert_20150312040714.jpg
それをフライパンなどで炒めて空炒りします。
DSCF0348_convert_20150312040752.jpg
牛すじを煮た際に出る煮汁に入れて、煮てしまうのが便利でしょう。

葱焼き その二に続きます
スポンサーサイト
コメント

No title

ワクワクドキドキですねえ!
続きが待ち遠しい朝です。
今日は昼弁をお休みにしたので
ノンビリと出汁!とってまーす。

さあ、オムレツでもやらかしますか!
(⌒▽⌒)

No title

牛すじは手間がかかる食材なんですね
食べるのが専門だから
初めて知りました。

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんおはようございます。
恐らく粉モンを扱うのは初めてじゃないか?と思います。我が家には子供がいないので、わざわざ作る予定もありませんし…。ただ地元産の葱が手に入ったので、試しに葱だけのお好み焼きを作ったら、これがウィスキーによく合う!ということで、ちょっと本格派の葱焼きをやってみた訳です。
明日はいよいよ焼きになります。乞うご期待!

No title

せいパパさんおはようございます。
牛スジというと、牛丼やおでんの具材として使う家庭が多いのでは?しかしこれは下拵えにかなりの時間を要します。それでいて安いのか?というと結構値段がしますので、意外と使い辛い食材かもしれません。せいパパさんちでも使っていますか?忙しい時にはまず使えないと思います。

No title

仙台から、おはようございます。

 牛スジもお好み焼きも仙台周辺には無い食文化です。私も、「葱焼き」は人生に2度しか食べた事がありません(たぶん)。
 一度目は私が子供の頃に母が作ってくれた物で、これは「おやき」と言った方がよいものでした。あとは、友達と大阪に行った時に食べた物です。これが「葱焼き」だったと思うのですが、美味しかったです。でも、蒟蒻は入っていたかなあ?ちょっと記憶が曖昧です。

 次回もじっくりと見て記憶を辿ってみようと思います。

No title

おはようございます。
葱やき美味しそうですね、すじを入れることで
お味も引き立ちますね。
次回に続く~
楽しみです~

No title

おはようございます。
粉ものですか、と言っても本番は
明日のアップのようですね。

画像を見ていると、大阪で食べた「どて焼き」を
思い出しました。
「どて焼き」で一杯、なんてのもいいですねぇ。
って、呑兵衛じゃないんだけどなぁ。(笑)

No title

あきあかねさんこんにちは。
どうやら牛すじは、地方によって値段が高かったり安かったりするようです。このあたりは比較的高めでしょうか。詳しくは分かりませんが、関西は安いと思います。元々葱焼きは子供でも食べられるよう、安い材料を使ったのが始まりのようですから。明日出てくる葱焼きは、記憶にある物と一致するでしょうか?

No title

ムームーさんこんにちは。
お好み焼きは、子供の頃よく食べていたように思います。その当時は岐阜に住んでいましたが、大阪の「ぼてぢゅう」の支店がありました。ランチセットには、焼きそばにライス付きが当たり前でしたね。ひょっとしたらお好み焼きにも付いていたかも?ちょっと記憶が曖昧ですが。

No title

casa blancaさんこんにちは。
たい焼きや大判焼きは苦手ですが、お好み焼きやたこ焼きはたまに食べることがあります。ビールのつまみにすることも良いですしね。
どて焼きはすじよりも、ホルモンを使っている場合が多いかもしれません。名古屋のどて煮もそうです。あれはあまり好きではないですね。ちょっと甘辛すぎて酒には合わないような気がします。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する