桜鯛

先週の土曜日、そろそろ真鯛が獲れ始めたようで、高橋カンパニーでも十匹以上買い付けていました。桜鯛の季節になってきたようです。
DSCF0321_convert_20150311012024.jpg
これで一キロちょっと。サイズ的には申し分ありません。
DSCF0322_convert_20150311012041.jpg
真子が出て来たので雌ですね。この時期は鯛の繁殖期と重なるので、雄には婚姻色がはっきり出ている個体もあります。
DSCF0323_convert_20150311012107.jpg
捌いてみると尻尾の付け根あたりに瘤があります。鳴門鯛によく見られると云われますが、流れの速い場所に棲息している鯛であれば、比較的よく見かけます。
DSCF0333_convert_20150311012229.jpg
刺身にしてみましたが、皮引きがイマイチだったので出来としては良くありません。
DSCF0335_convert_20150311012303.jpg
カマの部分は塩焼きに限ります。
DSCF0334_convert_20150311012247.jpg
その他のアラはアラ炊きです。走りの時期の桜鯛を余すところなく頂きました。
スポンサーサイト
コメント

No title

へるぞうさん、こんばんは。

まさに余すところなく、の
お料理の数々。
鯛もここまできれいに食べて
もらえたら、本望ですね。

アラ炊きの顔が妙に凛々しい
です(^^)

No title

杏さんおはようございます。
春になると、真鯛が深場から浅瀬にやってくるので、水揚げが急に増えます。この時期の鯛を「桜鯛」と呼んで鯛の旬の一つとしています。
鯛はどんな料理にも使える万能選手なので、料理人の腕が試される素材でもあるわけです。

No title

おはようございます

かまの塩焼きがいいなぁ
香ばしく焦げた皮を日本酒に入れて飲んだことがあるような…。
もちろん居酒屋でしたけど、生臭くなくて美味しかった記憶があります。
そんな飲み方ってありますか?

No title

 おはようございます。
 桜鯛と呼ばれるこの時季の真鯛をまだたべたことがありません。綺麗な色と立派な体格ですねぇ。それを刺身、塩焼き、アラ炊きと余すところなく、満喫ですね。^^

No title

くるたんパパさんおはようございます。
私はやったことがないのですが、フグのヒレ酒のように、皮目を炙って酒を注ぐということもあるかも知れません。岩魚の骨酒みたいな感じでしょうか。多多こういった時には、あまり上等な酒を使わない方が良いでしょうね。魚の風味に負けてしまいますから。

No title

kouさんおはようございます。
恐らく春が真鯛が最も多く出回る時期だと思います。ただスーパーなどでは、大きさや数を確保しなければならないので、どうしても養殖に頼らざるを得ないでしょう。天然はバラつきがありますから。
これは貰った物ですが、まだ走りの時期なので値段は高めです。もう少し安くならないと、正直使い辛いですね。

No title

おはようございます。
鯛って上品ですよねぇ、綺麗なおつくり美味しそう~
煮漬けもいいですね、捨てるところもなくて
全部食べれるなんて素晴らしい~
いつも新鮮で美味しいお魚が食べられる
なんていいですね。

No title

鯛料理、美味しそうだな
塩焼き食べたいな〜

No title

仙台から、おはようございます。

 桜鯛の季節か・・・
 鯛の真子の写真を見たので思い出したのですが、京都を離れてから、鯛の真子の煮物を食べていないのですよ。
 卯の花のように開かせた煮物や、菜の花との玉子とじ、煮凝りに入れたもの、色々ありましたね。
 この時期錦市場を通ると、鯛の真子をビニール袋に入れて売っていました。

 仙台では、たまに鯛も売られているのですが、西の方に比べれば格段に少ないです。ましてや、新鮮な真子など売られることはありません。料理屋さん向けの魚屋さんなら有るかもしれませんが・・・
 ちょっとさびしい・・・

No title

おはようございます。
春は卒業、入学、入社、お祝いが多いから
活躍の場が多いかも。

こちらの店頭では、愛媛の養殖鯛が殆どです。
この桜鯛は一味も二味も違うのでしょうね。
鯛のお刺身大好き、カマの塩焼きも、アラ炊きも
私の好物ばかり。アラでも買って来ようかな。

No title

贅沢な・・・時間だなあ。
そういえば 時期なのか
普段 鯛をあまり置いていいない
近所のスーパーでも
見かけますねえ。

 いやあ かまの塩やき
  タマリマセンカラ 
  ^-^y

No title

むーむーさんこんにちは。今朝FC2の受信障害があったように思いますが如何でしょう?そのためコメントが昼になってしまいました。
それはともかく、関西といえば明石鯛。一流料亭が使うのは分かりますが、高すぎるのがネックです。このあたりで獲れる鯛はそれほど高くないので、私でも使えるわけです。最盛期だと一キロ¥1,000程度になるので、毎日使える素材になりますね。

No title

せいパパさんこんにちは。
鯛は状態にもよりますが、まずは刺身で食べたい魚です。塩焼きならカマの部分が一番美味い部位で、兜は煮付ければ凝縮された鯛の旨みが愉しめます。
内臓も塩辛や湯引きしてポン酢で食べれば良く、ウロコでさえ空揚げに出来るので捨てるところがありません。

No title

あきあかねさんこんにちは。
鯛の真子は、炊き合わせの素材としては季節感を感じさせる物ですね。私も筍の時期になれば、筍と炊き合わせたりします。ただ血抜きをする必要があるなど、扱い方がちょっと面倒でもありますね。
このあたりでもスーパーに出回る鯛は養殖ばかりです。天然は市場に行かないと無理でしょう。ちょっと足を伸ばせば、天然真鯛が格安で買えるのに…。

No title

casa blancaさんこんにちは。
愛媛は養殖王国ですから。昔は養殖物というと天然より劣るイメージでしたが、今では天然物より割高なブランド物の養殖真鯛がありますね。
やはり日本人なら、真鯛は魚の王様だという観念が強いのでしょう。正直真鯛よりも美味い魚は幾らでもあるのですが、姿形からも気品が感じられるのはやはり真鯛を措いて他にないでしょうね。

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんこんにちは。
春は色々とお祝い事があるので、真鯛の需要も一年の内で一番あるのではないでしょうか。ほとんどが養殖物ですが、料理屋に卸しているような魚問屋だと、間違いなく天然真鯛を扱っていると思います。
これからの時期が、真鯛の値段が一番安くなる時期でもあります。産卵の為に深場から浅瀬に移動してきますから、たくさん獲れるので値段も下がるわけです。

No title

こんばんわ、鮮度がよくて

お刺身にしても

美味しそうですね。
我が家は時々娘が

鯛めしを作ってくれます。

No title

忍舞(しのぶ)さんおはようございます。
魚は鮮度が良いのは勿論ですが、締めて直ぐは身に弾力があっても味がありません。しばらく熟成させると旨み成分のイノシン酸が増加して、食べて美味いと感じるわけです。これも締めてから一日は冷蔵庫で寝かせてあります。
小さな鯛なら鯛飯にするのも良いですね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する