ちらし寿司 その一

昨日は雛祭り。近所のスーパーにも、蛤や雛祭りに作る手巻き寿司の材料が並んでいました。我が家で作るのはちらし寿司です。寿司〇郎を使えば誰でも簡単に出来ますが、中に入れる具材を一つ一つ下拵えすると、非常に手間が掛かります。そうやって毎年作っているちらし寿司を、今日と明日に二回に分けて書いていきます。
DSCF0280_convert_20150304034637.jpg
まずは寿司酢です。押し寿司同様、かなり砂糖を使います。
DSCF0282_convert_20150304034655.jpg
寿司飯用の炊き立てのご飯に、寿司酢をよく合わせます。うちわであおぐ必要はなく、そのまま冷まします。
DSCF0283_convert_20150304034718.jpg
水で戻した干し椎茸と干瓢を、椎茸の戻し汁と砂糖、濃口醤油で煮ます。これは寿司飯の中具になります。
DSCF0284_convert_20150304034735.jpg
蓮根も細かく刻んで、砂糖と薄口醤油で軽く煮ます。酢蓮根にする場合もありますが、我が家は煮ています。
DSCF0286_convert_20150304034752.jpg
筋を取った絹さやは塩茹でにします。
DSCF0287_convert_20150304034809.jpg
白胡麻はフライパンで焦げないように煎ります。一応煎り胡麻となっていますが、自分で煎り直した方が香りが全然違うのです。

ちらし寿司 その二に続きます。
スポンサーサイト
コメント

No title

おはようございます

我が家には娘がいるのに、昨晩はちらし寿司もなし。
ひな人形もついに出さずじまい(^0^;)
娘が大好きなスイーツを買ってきて、
3人で食べておしまいでした。

ちらし寿司は無理だとしても、ひな人形ぐらい飾ればよかったと後悔しています。毎年のことですが…(^0^;)

ちらし寿司、やはり美味しさの決め手は「寿司酢」ですよね、きっと。

No title

くるたんパパさんおはようございます。
折角の雛祭りですから、ちらし寿司とは言いませんが手巻き寿司にでもすれば良かったと思いますよ。今では寿司酢が付いた手巻き寿司用の海苔がありますし、具材は既に切った物が用意されています。後はご飯を炊いて各々が自分で好きな具を巻くだけです。
仰る通り寿司酢は重要です。我が家では京都の村山造酢の「千鳥酢」を必ず使います。ツンとした匂いがなくまろやかに仕上がります。

No title

おはようございます。
まぁ~美味しそうですねぇ~
昨日はお寿司は作らなかったのですの、毎年
簡単ちらしをつくりますのに。
丁寧に作られていますね、胡麻のいい香りが
して来そうですわぁ~♪

No title

我が家には、大昔の娘さんが二人なのですが
今年は何年かぶりで飾られました。
モチロン、コンビニの桜餅をたべておしまいでしたから!

トキに、炒りごまをモア炒る!
毎朝、昼弁のご飯にふりかけているのですが
明日の朝は、炒りたでで
いってみたいと( ̄▽ ̄)
思います

No title

ムームーさんおはようございます。
ちらし寿司も最近では、マグロやイカを使った「海鮮ちらし」が多くなっているように思います。これだと具材を切るだけとは言いませんが、作る方は結構楽なんですね。干し椎茸や干瓢を甘辛く煮た具が入っていないと、何となく物足りないのは私だけでしょうか?

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘ さんおはようございます。
折角あるなら、雛人形は飾った方が良いですね。気分からして随分と違った日になったことでしょう。
市販の煎り胡麻ですが、どうもあまり胡麻の香りがしないので、香りを出したい時には必ず自分で煎ることにしています。弱火でじっくりと、焦がさないように注意する必要がありますが、全然違いますよ。

No title

へるぞうさん、おはようございます。

へるぞうさんのちらし寿司は
さすがに手が込んでますね。
ひとつひとつに手間をかけた
ちらし寿司を毎年食べられる
お家の方は幸せですね(*^^*)

簡単便利に弱い私は、寿司◯郎!
と思っていたのに売り切れ…。
半歩ぐらい引き下がって、春らしく
豆ご飯を炊きました。
タマゴ、ブロッコリー、エビで
菱餅カラーを揃えたサラダも作り、
昨夜はなんとかひなまつりが
できました(^^)

No title

杏さんおはようございます。
寿司〇郎が売り切れですか?あれでちらし寿司をする人もいるんですね。昨日近所のスーパーに行ったら、手巻き寿司用の鮮魚コーナーに人だかりが出来ていました。今はちらし寿司よりも手巻き寿司の方が人気ですね。
今日の段階では完成したちらし寿司がお見せ出来ないのが残念です。また明日もお付き合い下さい。

No title

仙台から、おはようございます。

 男所帯であった我が家にも、何故か内裏雛がありまして、2月中旬頃から飾られております。
 私は街に出るたんびに、雛祭りの和菓子を買ってきて、お雛様の前にお供えしています。

 で、ちらし寿司、結構手間がかかるもんですね。さ~て、どんな出来上がりになるのでしょう?明日が楽しみですね。

No title

おはようさんです、私も昔から
お寿司は大好きなので
続編の2がどんなレシピになるのか
ワクワクしています(*^-^*)

No title

こんにちは。
私はちらし寿司が好きなので、
よく作っていましたが、我が家のメンズは
あまり好きじゃないんですよね。(>_<)
でも、昨日は作りましたよ、ちらし寿司。
いつもなら、絹サヤかいんげんを使うのですが、
昨日は、冷凍している自家製のえんどう豆を
使いました。

No title

あきあかねさんこんにちは。
たとえ女の子がいない世帯でも、雛人形があれば家の中が随分と華やぐでしょうね。そういえば、昨日スーパーに菱餅が置いてありました。買った人もいるでしょうが、あれは焼いて食べるのでしょうか?何せ食べたことがないので…。
今日は精進の具材、明日はエビや卵です。でも精進の具の方が重要な感じです。

No title

忍舞(しのぶ)さんこんにちは。
我が家では握り寿司こそしませんが、押し寿司とちらし寿司はよく作ります。押し寿司は親しい人にあげる場合が多いですね。特に入院している仲買の親父さんには何度か持っていっています。これからもいろんな寿司を作っていく予定ですので、またお付き合い下さい。

No title

casa blancaさんこんにちは。
雛祭りにはちらし寿司がつきものでしたが、最近では手巻き寿司のようです。昨日も手巻き寿司の材料が良く売れていました。ご主人や息子さんも、手巻き寿司の方が好きなのではないでしょうか。
えんどう豆はあまり使いませんね。ちらし寿司というよりも豆ご飯に使うことが多いでしょうか。いずれ豆ご飯もやる予定です。

No title

ご質問にお答えして。

 私もへるぞうさんと同様、”男”ですので、これまで菱餅を食べる羽目になったことはありません。それで、母に聞いてみたところ、「あれは、餅なんだから餅と一緒よ」と、言うことでした。
 大体が、長く飾っていますので、硬くなっています。なので、焼いても柔らかくなりそうも無いものは、昔は炒って「あられ」にしたようです。これが「雛あられ」の起源のようです。
 母の話では、雛祭りで実家に帰って来ていたお嫁さんには新しく搗いた菱餅を持たせて帰したそうです。その場合はそのまま食べられますね。
 あと、私はお菓子屋さんで「すあま」でできた菱餅を見たことがあります。これなら長くは置けませんが、そのまま食べられます。

 今の人たちはどのようにして食べているのでしょうかねぇ?
 そもそも、餅で出来た菱餅を飾る所はもうあまりないかもしれません。プラスチックの食品サンプル様の菱餅を飾っているようですよ。

No title

あきあかねさんおはようございます。
段飾りにある菱餅は、それこそプラスティックで出来ているようですが、昔は本物の餅を飾ったのでしょうね。スーパーに置いてあったのは真空パックに入った菱餅でした。昨日はもう撤去してしまったようでしたが、話のタネに一つ買っても良かったかな?と少し後悔しています。
なるほど、固くなった菱餅はあられにするのですか。それが雛あられの元だといえば納得です。

No title

ちらし寿司の酢には
砂糖が沢山入ってるなんて
思いませんでした。
雛祭りはちらし寿司ですね!

No title

せいパパさんおはようございます。
ちらし寿司や押し寿司は冷えてから食べるのが前提なので、時間が経ってもパサつくことがなく、味が落ちにくいように保水力の強い砂糖を多用するわけです。それと寿司飯だけでも食べられるように、味つけは濃い目になっています。

No title

細部まできっちり手を入れる事が大事ですねぇ。
白ごまを再度煎るのですか。
確かにその方が香里が立ちますねぇ。

No title

MONTAさんおはようございます。
ちらし寿司は一見すると、エビや錦糸卵がメインのように見えますが、実際は干し椎茸や干瓢、蓮根等の中具を煮ることがメインのように思います。白胡麻は香りづけの意味合いがあるので、あえて煎り直して使っています。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する