サワーキャベツ

月曜日、近所のスーパーでサワーキャベツを買いました。勿論特売商品で(笑)、税抜き¥95でした。
DSCF0224_convert_20150225154512.jpg
サワーキャベツは冬キャベツと春キャベツの中間の時期に出回っていて、冬でありながら春キャベツのような柔らかさを持つのが特徴です。よく売れていましたが、買っていく人は外側の葉を捨ててしまっています。固いとはいえ、ちょっと勿体ないですね。私なら当然使います。
DSCF0225_convert_20150225154552.jpg
キャベツで固いのは葉脈なので、まずはそこを取り除きます。それから、煮込む料理にすれば十分使えます。
DSCF0229_convert_20150225154612.jpg
鶏ひき肉を使ったお馴染みの鍋です。いつもなら白菜を使うところ、キャベツを使いました。相撲部屋のちゃんこでは、白菜よりもキャベツを使う方が多いような気がします。年中入手が容易だからでしょうか?それはともかく、キャベツを使う場合は、ポン酢ではなく砂糖醤油で味付けする方が合います。
DSCF0230_convert_20150225154629.jpg
もう一品、柔らかさを生かしてコールスローにします。ちょっと広めの千切りにします。
DSCF0231_convert_20150225154703.jpg
これに玉葱と人参の細切りを加えて、塩を大さじ一杯加えて揉みます。その後、砂糖大さじ一杯を隠し味にして、酢と油を加えてよく混ぜ、軽く重石をかけて冷蔵庫で二時間ほど寝かせます。
DSCF0232_convert_20150225154719.jpg
普段朝食はご飯に味噌汁ですが、たまにパンの場合もあり、その時は重宝しますね。

スポンサーサイト
コメント

No title

おはようございます。
鍋やコールスローもいいですが、
キャベツを千切りしてソースをかけてバクバク食べたいです。
パセリをみじん切りにして加えると、最高ですよ。

No title

 おはようございます。
 普段よく食べるキャベツではありますが、春キャベツ、冬キャベツ、ましてやサワーキャベツなど単語として耳にしたことがある程度でした。^^;
 鍋に入れるとなると、自分も白菜のほうをすぐにイメージしますが、相撲部屋ではキャベツのほうが多いのですか。確かにちゃんこ鍋を日々食べているお相撲さんには、年中手に入るキャベツのほうがむいていますね。^^

No title

再びおはようございます。

外葉を捨てている箱を覗くと
十分料理ができそうなくらい
溜まっていたりしますね。
もったいです…。

コールスローもへるぞうさん
のは本格的ですね(^^)
私は以前、吉野家のコールスロー
を再現することに燃えており、
毎日研究していたなぁと。
引越しで配合を無くしたので、
春キャベツが出たらまた
トライします!で、良かったら
報告します(*^^*)

No title

おはようございます。
綺麗なキャベツですね、こうすれば美味しくいただけますね。
そして、コールスローもいいですね、美味しく
出来上がりましたね、今度作りますわ~

No title

仙台から、おはようございます。

 「サワーキャベツ」って、品種名ですか?それとも単なる商品名?
 というのは、私が知る「サワーキャベツ」と言う言葉は料理名なのですよ。
 ドイツのキャベツの漬物、「ザッワークラウト(sauerkraut)」を日本で呼ぶときの名前と思っていました。コールスローも昔はサワーキャベツとも言っていたと思います。
 コールスローは私もよく食べますね。パンに挟んで食べるとおいしい!

 そうそう、私の母は、キャベツは青い葉よりも黄色い葉が多いものを選びます。柔らかく、甘味が多いからだそうです。
 なんで、冬キャベツと春キャベツの中間の時に出るキャベツが「サワー(すっぱい)キャベツ」なんだろう?

 と、言う疑問は置いておいて、
 相撲部屋のちゃんこは白菜よりもキャベツを使う事が多いのですか、なるほどねぇ。一年中同じような安価で手に入りますからねぇ。これは理解できますね。

No title

実は キャベツらぶ!なワタシです。

いいなあ こういうの

ナマでも火を通しても
どうやっても OK!ですから。

 って ここに書いてどうするって
  \(//∇//)\

No title

おはようございます。
昨日の苺、そしてキャベツ、
時を同じくして同じものを買ってました。
でも、普通のキャベツです。
サワーキャベツは、まだ見たこと無いです。

ちゃんこ鍋には、白菜よりキャベツですか。
知りませんでした。鍋には白菜を使うことが
ほとんどですが、キャベツ、使ってみましょう。
キャベツの色が鮮やかでコールスローも
映えますねぇ。

No title

くるたんパパさんこんにちは。
料理をする人間の性として、そのままよりも一手間加えてさらに美味く出来ないか?と考えます。刺身ではなくタタキにするとか、塩焼きにするよりもタレに漬けて照り焼きにするとかといった感じです。仰る事はもっともだと思いますが、それを簡単に認めてしまうとちょっと困ってしまうかな?

No title

kouさんこんにちは。
生産者の方も、季節ごとにいろんなキャベツがあるのだとアピールする狙いもあるのでしょうね。
相撲部屋直伝のちゃんこ鍋の本を持っていますが、意外とキャベツを使っている部屋が多いのには驚きました。年中手軽に入手出来る点が良いのでしょう。勿論冬は白菜を使うことも多いと思いますが。

No title

杏さんこんにちは。
吉野家にもコールスローがあるのですが。私は一度も吉野家に行ったことがないので分かりません(すき屋には一度あります)。
実はこのレシピ、日本橋の「たいめいけん」の物です。以前たいめいけんで食べたこともあって、キャベツが安い時に作ることがあります。でも大分簡略化していてはいますが。

No title

ムームーさんこんにちは。
まだ春キャベツは出回っていませんが、その前に出てくるのがこのサワーキャベツです。スーパーで見かける物は、恐らくが愛知県の豊橋産でしょう。愛知県は全国一のキャベツの生産地だそうです。愛知のキャベツを皆さんに食べてもらえると、こちらも何だか嬉しくなります。

No title

あきあかねさんこんにちは。
サワーキャベツというと、ザワーークラウトのような料理名を思い浮かべるのも当然でしょう。調べてみたところ、サワーキャベツと命名したのは、何と豊橋市だそうです。愛知県は全国一のキャベツの先産地。以前は春キャベツとしていたらしいのですが、冬場にも出荷出来るため区別する意味もあってこう名付けたようです。なせ「サワー」なのかは不明ですが。

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんこんにちは。
北海道でキャベツを使った料理といえば、鮭のちゃんちゃん焼きが思い浮かびますね。鮭とキャベツ、玉葱を炒めて、味噌で味付けするとてもシンプルな料理ですが、これぞ北海道!という感じがします。家庭でもちゃんちゃん焼きをするのでしょうか?ホットプレートがあれば、なんか出来そうな感じですね。

No title

casa blancaさんこんにちは。
旬に出回る物は決まっていますから、同じ物を買っていても不思議ではないですね。でもサワーキャベツは四国までは出回っていないのでしょうか?
ちゃんこ鍋は、ポン酢を使ったちり鍋もありますが、鍋に味をつけてしまうことが多いようです。こちらの方が簡単に食べられるからでしょう。そうなると、別段白菜にこだわらなくても、キャベツでも十分ということなのかな?と思います。それに夏場は白菜が入手し辛くて、値段も高いですからね。

No title

サワーキャベツなるものが有るんですねぇ。
柔らかいんですか。
それなら少し幅の広い千切りにしたほうが楽しめそうですねぇ。

No title

キャベツの外側の硬い葉は
私も捨ててきちゃいます。
硬くても煮込んじゃえば関係ないですね!

No title

MONTAさんおはようございます。
普通の春キャベツと何ら変わらないような気がします。柔らかいのも同様です。
炒め物や煮込み料理にも使えますが、元々生食向けなのでしょう。コールスローが一番かもしれません。

No title

せいパパさんおはようございます。
本来生食用だとすれば、外の固い葉を捨ててしまうのも分からないではありません。そうはいっても、食べ物に違いはないですから、何とか使ってみようという気になりますね。炒めただけではまだ固いので、煮込む料理に使うのが良いでしょう。

No title

こんばんわ、キャベツはそのまま千切りにして

他のお野菜とサラダで頂く場合が

多いですが。。。

こういうサラダも美味しそうですね(^-^)

No title

忍舞(しのぶ)さんおはようございます。
サワーキャベツは千切りにして食べても、柔らかくて美味いのですが、もう一工夫となればコールスローになりますね。玉葱や人参も入るので、キャベツだけよりも栄養価が高いし、酢や植物油も同時に摂ることが出来ます。簡単なので一度お試し下さい。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する