小さなアンコウ

去年の年末から、市場でアンコウを見かけるようになりました。アンコウというと鍋物を連想するように、冬場になると獲れだす魚です。
DSCF0135_convert_20150213040401.jpg
昨日は車検の手続きなどで朝から大童で、いきなりピンボケの写真になってしまいました。だいたい25㎝から30㎝程度のアンコウが三匹です。10㎏近いアンコウもあるにはあるのですが、恐らく¥10,000はするでしょう。実はこれぐらいが標準サイズなのです。
DSCF0136_convert_20150213040424.jpg
この触覚で小魚をおびき寄せて食べるので、英語ではangler fishと呼ばれているとか。
DSCF0140_convert_20150213040541.jpg
アンコウには、標準和名のアンコウとキアンコウがあります。普通アンコウというと「キアンコウ」の方を指します。これもキアンコウのようです。
DSCF0137_convert_20150213040452.jpg
TVでは、よくアンコウの吊るし切りをやっていますが、わざわざ吊るさなくてもまな板の上で捌くことが出来ます。口のつけ根から包丁を入れて皮を剥ぎ、内臓等を出して切り分けるだけです。ただ歯が鋭く、棘だらけなのでよく手に傷がつきます。
DSCF0138_convert_20150213040524.jpg
アンコウは悪食で有名です。以前6㎏程のアンコウを捌いたときには、1㎏程の黒鯛が入っていました。今回のアンコウは小さめですが、胃袋から15㎝程のカタクチイワシが二匹出て来ました。
DSCF0139_convert_20150213040600.jpg
この程度の大きさでは、肝心のアンキモも親指程度です。

明日はアンコウ鍋を書くことにします。


スポンサーサイト
コメント

No title

おはようございます

こうしてみるとまるでエイリアンですね。
イワシ、そのまま飲み込んで消化されていないのも驚きです。
胃の中でゆっくり消化するのでしょうか?

TVなどで吊して捌くところしか見たことがないので、
こうしてまな板の上の捌かれるアンコウは初めてです。

明日のアンコウ鍋も楽しみです。

No title

 おはようございます。
 すごいですねぇ アンコウが一般家庭の台所に登場するものだとは驚きました。自分なんかは売っているところすら見たことありません。^^; 記事でも触れられてますが、自分は吊るして捌けないものだと思っていたので、まな板の上でできるのも驚きでした。 続きが楽しみです。^^

No title

おはようございま。
あんこうって食べたことがありませんがお鍋に
すると美味しいのですねぇ。
イワシが2匹もおおお~すごいなぁ~
丸のみするのですねぇ~このままの姿で
消化されていくのでしょうかぁ~

No title

くるたんパパさんおはようございます。
アンコウを捌いてもう十年以上になりますが、大抵胃袋の中に魚なりエビなりが入っています。消化されているものも多いのですが、中にはこれ食べられるんじゃないか?というように魚がその姿のまま入っていることもあります。

No title

kouさんおはようございます。
地元では別段珍しくもない魚で、買っていく人も地元民でない人が多いような気がします。捌く時にキッチン鋏を使うと、誰でも捌くことが出来るようです。私は包丁でしかやったことがありませんが。
10㎏もあればともかく、これぐらいの大きさだと、まな板の方が手っ取り早いのです。

No title

茨城に住んでるのに
アンコウ鍋を食べた事が無いんです。
いつも食べたいと
せいママと話してるのに・・・

No title

ムームーさんおはようございます。
アンコウはスーパーでもこの時期売っていますが、たべたことがありませんか。淡泊で癖がないので、鍋にはもってこいの魚です。やはり冬場が旬ですね。
アンコウは悪食で、なんでも丸呑みにしてしまいます。三枚目の写真をご覧になればお分かりでしょうが、こんな鋭い歯をしているので、飲み込まれたらまず逃げられません。消化する速さはよく分かりませんが、空の胃袋のアンコウはまず見たことがありません。

No title

せいパパさんおはようございます。
地元に住んでいると、意外と口にする機会がないのかもしれませんね。茨城はアンコウ鍋で有名ですね。せいママさんにお願いするよりないでしょうか?
このあたりだと、たまに活け物のアンコウが水揚げされることがあります。そんな物だと、刺身で賞味できたりするのです。特に肝の刺身は活けでないと食べられません。

No title

仙台から、おはようございます。

 この位のアンコウでおいくらぐらいなのでしょう?
 こちらでもアンコウは獲れるのですが、そしてスーパーにも並ぶ事もあるのですが、それほど頻繁に食べる魚ではないようです。アンコウ鍋よりもドンコ鍋の方が好まれているようです。
 私も、アンコウ鍋を食べていたのは関東にいた時でしたねぇ。仙台では一度だけしかありません。あ、違った。仙台で食べたのはあん肝だけだった。

 で、「アンコウの七つ道具」の話は明日でしょうか?

No title

おはようございます。
昨夜、ケンミンショーで、大阪人は
串カツを食べないというのに驚きましたが、
地元に住んでると意外と食べないというのは
あるのかもしれないですね。
さぬきうどんは、地元民もしっかり
食べてますけど。(^~^*)

この間、鍋にしたアンコウ、鍋用に
切ってあったので全長はわかりませんが、
小ぶりなアンコウだったんでしょうね。

ぶら下げて捌く大きなアンコウも
小さいアンコウも美味しさに変わりはないの
でしょうか?

No title

あきあかねさんこんにちは。
ドンコというと「エゾイソアイナメ」と呼ばれる魚のようですね。一色漁港でも冬場に見かけますが、はっきり言って雑魚扱いです。肝は美味いのですが…。
子供の頃から、アンコウはよく鍋にして食べていました。当時はあまり高価な魚ではありませんでした。最近では中国からの輸入品も多くなりましたね。
明日七つ道具については、あまり触れないと思います。もっと大きなアンコウでないと…。

No title

casa blancaさんこんにちは。
愛知に住んでもう何年にもなりますが、未だに櫃まぶしを食べたことがありません。「いば昇」という老舗の前は車でよく通りますが、入ったことがないのです。聞くところによると、¥4,000はするそうです。
切り身になっている場合は、元は結構大きいかもしれません。やはり小さい物より大きいほうが美味です。今シーズン、せめて4㎏程のアンコウを入手したいのですが、果たして…。

No title

あんこう!
一回しか食べたことないなあ・・・

いいなあ・ あの 記憶がよみがえる!!

 o(*^▽^*)o と
昼ごはん直後なので
比較的冷静な わたしでした。

No title

小さいとは言えアンコウですねぇ。
この辺りでは、解体前のものはまず売られてません。
捌くのも吊るしてとばかり思ってましたが、まな板の上でも出来るんですねぇ。

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんおはようございます。
意外とアンコウ鍋を食べた方が少ないようですね。子供の頃から当たり前のように食べていたので…。
アンコウの身は淡泊で癖が無いので、誰にでも好まれると思います。ただ鮮度落ちが早く、臭いが気になる場合があるので注意が必要です。

No title

MONTAさんおはようございます。
さすがに丸のままアンコウを買う人は、料理屋以外にはいないと思います。市場ではこれが普通です。
むしろまな板で捌く方が圧倒的に多いのでは?吊るし切りはパフォーマンスのような点もあって、実用的ではないように思えます。

No title

こんばんわ、あんこうは滑りが多そうですが

捌くのもなかなか手ごわくないんでしょうか?

やはりなれなんでしょうか。。。

No title

忍舞(しのぶ)さんおはようございます。
仰る通り、慣れの部分が大きいですね。これぐらい小さければ鋏だけでも十分捌くことが出来ますが、歯や棘が鋭く怪我をしやすいので、軍手をしてやる必要があるでしょうね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する