あさ開 上撰辛口

近所のスーパーに行ってみると、岩手の酒蔵である「あさ開」の上撰が置いてありました。あさ開は大吟醸と純米酒は飲んだことがあり、印象も悪くなかったのに加えて、四合瓶で税込み¥615という安さ!金もないので買ってみることにしました。
DSCF0055_convert_20150201043508.jpg
あさ開は盛岡に蔵があり、岩手県内でも一、二を争う大手のようです。これまで買ったことはありませんが、お歳暮などで何度か貰ったことがありました。杜氏の藤尾正彦氏は現代の名工に選ばれたほどの名人です。
DSCF0056_convert_20150201043524.jpg
前回日本酒のラベルをどう読むかについて書きました。この酒は上撰と名乗っていますが、いわゆる「普通酒」です。普通酒というのは特定名称酒に当てはまらないものというのが定義です。具体的にいうと精米歩合が70%以下ではないもの、本醸造酒に規定されている醸造用アルコールの量(原料米1トンにつき120ℓ以下)を超えるもの、さらには糖類・調味料を添加した増醸酒などがあります。ですから普通酒の場合、まずは原料に着目します。この酒は米・米麹・醸造用アルコールとだけあるので、糖類や調味料が含まれていません。しかも原料は国産米を使っていることが記載されています。普通酒といってもピンからキリまでありますが、きちんとした酒蔵の普通酒だと本醸造に引けを取らない高品質のものがあるのです。ラベルを見る限り、日本酒度+6との記載まであってこれは期待が持てそうです。
DSCF0057_convert_20150201043539.jpg
しかも仕込み水や杜氏までラベルに書かれています。ここまでくると、間違いなく本醸造と変わらない造りをしていると考えて良いでしょう。品質を保ったまま価格を抑えて、毎日の晩酌用に飲んでもらいたいという蔵元の意図が感じられます。実際、普通酒によくあるアルコールのツンとした臭いもなく、ほのかな吟醸香まで感じられます。さすがは南部杜氏の地元だけあって、綺麗な酒質に仕上がっています。すっきりとした飲み口でキレも良く、これなら幾らでも飲めてしまいそうです。出来れば一升瓶で買いたいところですが…。
スポンサーサイト
コメント

No title

手頃な値段で素敵な味の
お酒に巡り会えて
嬉しい買い物でしたね。
次は一升瓶ですね!

No title

おはようございます。
OH!地元のお酒の登場ですね。
とは言っても、最近岩手に帰っても釜石の浜千鳥しか呑んでいないので、あさ開きは2,30年呑んでいないかも(^0^;)

地元のお酒を取りあげていただきありがとうございました(・_・)(._.)

No title

素敵な字で書かれたお酒ですね。
美味しく飲めますね、眺めて居られるだけでも
口に入れた瞬間の至福のひとときいいなぁ~

No title

仙台から、おはようございます。

 なるほどねえ・・・
 普通酒にも素性の良い物があるのですね。
 前回、ラベルの読み方をご教授下さったので、今回の説明が素直に理解できました。
 こういう普段使いのものこそ良い物を使いたいですね。

No title

せいパパさんおはようございます。
残念ながら、近所のスーパーには四合瓶しかおいてありません。スーパーでは紙パックが主流になっていますが、取扱いが瓶と比べて難しくないからだと思います。特に一升瓶は四合瓶よりも扱いが大変で、下手すると割れる恐れがありますからね。今日にでも量販店に行ってみますか…。

No title

くるたんパパさんおはようございます。
岩手の酒というと、あさ開か南部美人をすぐ連想しますが、釜石出身のパパさんなら浜千鳥でしょうね。残念ながら、まだ飲んだことがありません。いずれ採り上げてみたいと思います。

No title

ムームーさんおはようございます。
もちろん味からすれば、大吟醸には敵いませんが、毎日飲むならこれぐらいが懐も痛くないし、だらだらと飲むには良いですね。どういうわけか良い酒になればなるほど、食べ物を拒絶してしまうのです。不思議なものですね。

No title

あきあかねさんおはようございます。
大手メーカーのパック酒は利益追求を目的としていますが、地方の酒蔵だと地元の人に飲んでもらおうと利益度外視で良い普通酒を作っている所もあります。入手困難な酒を手に入れるのも良いのですが、そういった良い普通酒を探してくるのも大事ですね。

No title

我が家は 一升瓶を冷蔵庫にいれられないので
やっぱり 酒のあしを 考えると
そのサイズが いいかなあψ(`∇´)ψって

それにしても みつけてきますねえ!!

 ヤッパリ今朝もリスペクト
    σ(゚ー^*)

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんこんにちは。
四合瓶は一升瓶と比べると割高なので、私はあまり好きではありません。五合瓶が主流の焼酎であれば、一升の半値というのは分かるのですが、四合では一合分損してますからね(笑)。
とはいえ、日本酒も輸出が増えている以上、四合瓶はこれからの主流になるでしょう。最高級の酒は四合瓶という蔵も少なくありません。

No title

杜氏さんまで書かれてますか。
余程自信が無いと書けませんよねぇ。
美味しい日本酒が増えているのは嬉しい限りです。

No title

MONTAんさんこんにちは。
この前の磯自慢でも書いたように、大手メーカーは必要最小限の情報しか表示していませんが、自社製品に自信があるならば、詳細な情報公開をしても良い筈ですね。あさ開は割と大き目の酒蔵ですが、この姿勢には好感が持てます。何とか一升瓶で買いたいのですが、後はアマゾンぐらいしかないような…。

No title

こんばんわ、我が家にはお酒は縁がないですが

名工の美酒が安価な価格で

入手が出来て良かったですね^^

No title

忍舞(しのぶ)さんおはようございます。
酒の話ばかりで申し訳ありません…。
現代の名工に選ばれるのは、新酒鑑評会で何度も金賞を受賞している等、これまでの実績がずば抜けているということだと思います。業界でも有名な方ですが、そのあさ開は入手困難と云われる「十四代」のようなことはないですね。通販でも楽に買えます。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する