ホテイフーズ 名古屋コーチンやきとり

数日前、近所のショッピングセンターで面白い缶詰を見つけました。
DSCF9895_convert_20150110041000.jpg
何と名古屋コーチンを使った焼き鳥の缶詰です。
DSCF9896_convert_20150110041015.jpg
こんな事が書いてある以上、ブロイラーではなく名古屋コーチンを使っていると考えて良いでしょう。
DSCF9897_convert_20150110041032.jpg
タレ焼きですがホテイフーズのやきとりと比べてみました。値段は三倍以上しました。
DSCF9898_convert_20150110041047.jpg
湯煎にかけて温めます。あれれ、名古屋コーチンの方は浮いていますよ。
DSCF9899_convert_20150110041103.jpg
左のタレ焼きと食べ比べてみます。確かに弾力はありますね。ただ名古屋コーチンと知っていなければ、普通のブロイラーとあまり変わらないような?
スポンサーサイト
コメント

No title

おはようございます。

見た目はいい感じだと思いますが…。
中身が伴っていないで、商品名だけで勝負というのは、
長続きしないでしょうね。
残念です

No title

くるたんパパさんおはようございます。
ホテイフーズは日本で最初に焼き鳥の缶詰を発売した会社ですから、勿論いい加減な商品ではありません。ただ名古屋コーチンのような鶏は、鳥すきのような料理にして、はじめて他の鶏との違いが分かるように思います。ただ手軽に名古屋コーチンを、というコンセプトは良いのでは?

No title

 おはようございます。
 よく見るとどちらも同じ会社が作っているのですが、面白い比較ですね。湯煎後の画像を見ると見た目はかなり違いますが、結果はちょっと残念でしたね。ただ名古屋コーチンを使った缶詰の試みは良いように思うので、改良を重ねて名古屋コーチンを活かした良いものができるといいですね。^^

No title

名古屋コーチンを使った方が
浮いた?WHY!!ですねえ。

でもタノシイナァ こういうのって!

No title

仙台から、おはようございます。

 「名古屋コーチン」というと、中国原産の「コーチン種」と、名古屋在来種を掛け合わせて作ったハイブリッドだったですよね。この「コーチン種」というのはとても美しい鶏で、この名前を聞くと、つい、思い浮かべてしまうものが有ります。

 フライ・フィッシングの毛鉤のパターンに「ロイヤルコーチマン」という有名なパターンがあります。コーチマンレッドと言われるコーチン種の雄の美しい茶色の蓑毛(首のところの羽)と孔雀の尾羽のクイル(羽の筋毛)、紅い毛糸を使ったとても美しい毛鉤です。フライ・フィッシングを始めたころ、よく、自分でも巻いて使っていました。

 と、話は飛んでしまいました。
 最近我が家でも、以前話した「ひっつみ」を作る際にブロイラーでは飽き足らなくなって、合鴨の肉を使うようになっています。出汁の味がぜんぜん違います。

No title

kouさんおはようございます。
その昔「やきやき!」というCMが流れていたメーカーです。実はこの製品、食べたことがありませんでした。あまり缶詰は使わないものですから…。
書き方の問題ですが、不味くはありません。ただ名古屋コーチンということで過剰な期待をするとがっかりするという程度です。酒の肴には簡単で良いですよ。私の好みはタレ焼きの方ですが。

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんおはようございます。
名古屋コーチンを使っているので、中身が少なめなのか?と思っていましたが、開けてみるとこちらはタレの分量が無いので浮いたように思います。
本来なら塩焼きの方で食べ比べてみたかったですね。名古屋コーチンが売っているのはそのショッピングセンターだけでしたが、塩焼きは何処にも売っていません。地方にも依るのでしょうか?

No title

あきあかねさんおはようございます。
名古屋コーチンは、元総理の海部氏の一族が作りだしたとされています。普通のブロイラーに比べて二倍半から三倍も飼育期間があるので、どうしても高価になってしまいます。
フライ・フィッシングをなさるのですか。私はそれについては門外漢なので分かりませんが、コーチンの羽が使われているとはビックリです。
製品の裏に書いてあるように、名古屋コーチンは偽物が多いので、こんな団体が認証しているようです。ブランドを守るのは大変ですね。

No title

名古屋コーチン焼き鳥、なんと贅沢なと思いましたが、そうと知ってなければブロイラーと大差無しですか。
でもその名称には魅かれますねぇ。

No title

ホテイの缶はたまに食べます。
この味は好きなんですわぁ~
名古屋コーチンって良く聞いた名前ですね。

No title

名古屋コーチンのパッケージの金のシャチホコ、
いかにも名古屋って感じですね。
名古屋コーチンは、汁気がないということは、
塩焼きか炭火焼でしょうか?

No title

MONTAさんこんにちは。
名古屋コーチンというと、比内鶏と並ぶ高級地鶏のブランドですよね。それが缶詰になっているので、一体どんな物かな?と思い買ってみました。
メーカーとしては手軽に名古屋コーチンを食べてもらおうという意図なのでしょうから、その点は成功しているのではないかと思います。愛知県に住んでいても、滅多に食べられませんからね。

No title

ムームーさんこんにちは。
ホテイフーズの焼き鳥缶詰は、もう四十年以上の歴史があります。私が子供の頃は、よくCMが流れていました。手軽に酒の肴やご飯のおかずになることがウケたのか、非常なロングセラーになっていて、大抵のスーパーには置いています。
名古屋コーチンは、愛知を代表する地鶏のブランドです。通常のブロイラーより生育期間が倍以上あるので、鶏本来の味がすると云われています。

No title

casa blancaさんこんにちは。
名古屋で生産されていると思うでしょうが、ホテイフーズは静岡の会社なのです。以前は焼津あたりで水揚げされるマグロを缶詰にしていたそうですが、マグロの値段が高騰したので、焼き鳥の缶詰を開発したとか。
これは塩焼きです。レギュラーの焼き鳥も塩焼きが入手出来ていれば、それと食べ比べてみるところなのですが…。

No title

肉好きなのに、肉の缶詰は買ったこと
がないですσ(^_^;)
理科の実験みたいで面白い比較
ですね。
以前、女子力が高い!と言いましたが、
缶詰対決(←だなぁーと。笑)や
障子の件など、へるぞうさんの
たまに見え隠れする少年の心にも
最近掴まれてます(*^^*)

No title

杏さんおはようございます。
この名古屋コーチンやきとりはレギュラーの三倍も高いので、これは一度食べ比べてみなくては!と思った次第です。理科の実験という程厳密ではありませんが、食べ比べ・飲み比べはよくやりますね。自分で調べてみないと気が済まないということもありますよ。
これは売っている所が限られているようです。都内ならデパートか成城石井あたりなら…。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する