松の司 純米大吟醸 陶酔

今年二本目の酒は、滋賀県の銘酒、松の司の純米大吟醸「陶酔」です。
DSCF9839_convert_20150103043714.jpg
松の司は以前から良く飲んでいる銘柄です。ウェブリブログの時代からよく採り上げていました。
DSCF6823_convert_20150103044016.jpg
とりわけ去年の最初の酒は、松の司の通称「黒ラベル」でした。これは文句なしの美酒です。
DSCF9840_convert_20150103043732.jpg
以前はアル添の大吟醸だったのですが、二年ほど前から純米大吟醸規格になりました。
DSCF9842_convert_20150103043752.jpg
普通市販されているのは火入れですが、これは生のままです。蔵と結びつきが強い酒販店でなければ、入荷することはないでしょう。
この酒は山田錦を45%精米した純米大吟醸です。これで¥5,000で収まっているのは、地元産の山田錦を多く使っているからのようです。昨日紹介した津島屋の山田錦純米大吟醸と比べると、原酒ではないので吟醸香、味わいとも大人しめです。ただ津島屋の方はかなり強く多少飲み疲れる感じがしますが、これはそんなことがありません。山田錦を使用した純米大吟醸の典型として、誰にでもお勧め出来ると思います。

本来は酒の紹介は日曜日に限っていますが、正月ということで日本酒を二日続けて採り上げました。明日も続けるのはちょっと気が引けるので、この地方の銘菓をpickupします。
スポンサーサイト
コメント

おはようございます

やはり酒屋さん探しをする必要がありますね。
元旦にNHKで広島の酒蔵を紹介した番組か放映されていました。
放送のなかで最近の大吟醸は香りを抑えて作ってある。と酒造組合のお偉さんが言ってました。
食中酒としての日本酒が人気があるからというのがその理由のようです。
日本酒をワインのように楽しむ若者が増えているようです。
番組ではワイングラスでのんでああました。

No title

くるたんパパさんおはようございます。
数年前から日本酒ブームだとか。もうちょっと前は焼酎ブームだったのに、この変わり身の早さは何でしょうか?
以前は香り高い吟醸香が持て囃されたのですが、消費者の好みがだんだんと味の方にシフトしてきたような感じはありますね。ただし日本酒は何処まで行っても日本酒で、ワインになることはありません。そのあたりを勘違いしている蔵元が多くて、日本酒の将来を私は大変危惧しているのです。

No title

いやあ こちらも 酒におぼれた生活を
腰痛をおして?満喫してきました。
今日で そろそろ でしょうかねえ。
それにしても やっぱり正月is日本酒!
ですねえψ(`∇´)ψ

No title

日本酒はお正月には欠かせないですね。
まろやかな舌触り、いいですね、父に
似てきっと飲んだらすごいと思いますわ。
ワインをわかったような顔して飲む姿は嫌いですわ。

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんこんにちは。
酒池肉林とまではいきませんが、昼日中から酒を飲んで過ごすという罰当たりの生活から、そろそろ脱却しなければなりませんね。しかし腰痛に酒は良くないのでは?という私も腰痛持ちですが。
いずれにせよ、日本人である限りはやはり日本酒が一番でしょうね。

No title

ムームーさんこんにちは。
名前の良さもあって、ここ数年正月には松の司を飲むようにしています。私の先祖と関わりのある土地の酒でもありますから。
物にもよりますが最近の日本酒は、一昔前のような(嫌いな人には)嫌な臭いがありません。フルーティーといった表現がピッタリくるような吟醸酒が受けたのか、日本酒ブームだそうです。日本酒の消費量が増えるのは結構なことですが、ワインのように、講釈ばかりの頭でっかちにならずに飲んでほしいものですね。

No title

正月は酒ですね
私はいい酒は飲んで無いので
山田錦45%なんて飲んでみたいです。

No title

せいパパさんこんにちは。
以前コメントに書いたように、茨城には来福とか、郷の誉といった有名な酒蔵があります。あとは武勇なんて酒も飲んだことがありますね。それから水戸に副将軍という銘柄があります。そこは明利酒類という酒蔵で「明利小川酵母」の発祥蔵として知られています。というわけで、茨城は意外でしょうが酒どころなんですね。

No title

数日間禁酒して、身を清めてから呑むべきのようなお酒ですねぇ。
とは言え、その数日間が取れないのですが。
火入れしてないお酒ですか。
市販では入困難ですねぇ~。

No title

MONTAさんこんにちは。
それほど大袈裟なものではありません。典型的な純米大吟醸といった感じです。
同じ銘柄を扱う酒販店でも全て同じ対応ではなく、蔵と特別な結びつきのある店を優遇するということは必ずあります。昔からずっと取引していたような酒販店なら、蔵に対してもかなり我儘を言って、特別な酒を卸してもらうことは珍しくありません。東京の有名な酒販店だと、量が少ない酒でも「これぐらいは欲しい」なんて平気で言っているようです。もっとも、酒販店がプロデュースして売り出したという過去があったりすることが多いのですが。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する