津島屋 純米大吟醸無濾過生原酒 播州産山田錦

今年最初の酒は、岐阜県美濃加茂市にある御代櫻醸造が醸す、酒販専門店向けブランド「津島屋」の純米大吟醸無濾過生原酒 播州産山田錦です。
DSCF9835_convert_20150102044232.jpg
津島屋というブランドを出してからまだ二年ほどですが、首都圏を中心に非常に人気が出てきました。七年ほど前、まだ御代櫻だった時代に、大学の先輩から貰って「これはイケる」と思い、それ以来注目してきました。ウェブリブログの時代にも、御代櫻について書いたことがあります。
御代櫻 純米吟醸美山錦 滓がらみ生
DSCF9836_convert_20150102044253.jpg
津島屋は、主に山田錦と美山錦のみを使用し、アルコール添加しない純米のみになっています。さらに無濾過生原酒の割合が非常に多く、最近のトレンドを反映したラインナップとなっています。
DSCF9837_convert_20150102044311.jpg
津島屋といってすぐ連想するのは、やはり杜氏の酒向博昭氏でしょう。若くして杜氏に抜擢され、鑑評会等の様々な賞を受賞している実力派杜氏です。もちろん同年代の蔵元、渡辺博栄氏との二人三脚があればこそ、今日津島屋が高い評価を受けることになったのですが。
津島屋で使用する山田錦は、播州産と地元で作られる物とがありますが、これは播州産のそれを50%精米している純米大吟醸です。開栓するとメロンとブドウを合わせたような吟醸香が立ち上って来ます。無濾過生原酒のためか、口に含むとかなり濃厚な味わいで、酸味もありますがその分、後味のキレが良く食中酒としても十分です。純米大吟醸としては値段も手頃で若い世代にもアピールし易いので、これなら売れない筈がありません。今年さらにブレイクしそうな、津島屋に是非とも注目しましょう。
スポンサーサイト
コメント

No title

父が高知出なのでお酒も強く大好きでしたが、夫が飲めなかったので、もうお酒のことはさっぱりです。
お好きな人にはたまりませんねぇ。

No title

仙台から、おはようございます。

 2015年最初のお酒は美濃加茂のお酒だったのですね。
 このお酒の杜氏の方、「酒向」と言う苗字の方とのことですが、「南部杜氏」なのでしょうか?
 「酒向(さこう)」、「酒匂(さこう)」と言う苗字は岩手県東部でよく見かける苗字です。

No title

ムームーさんおはようございます。
正月なので、酒の話題を採り上げないわけにもいきませんので(笑)…。
最近では東京農大出の蔵の跡取りが、革新的な日本酒を出して評判になるケースが増えています。酒販店の方としても、そういった「物語」が大事なのですね。ともあれ、酒販店とのコラボで売りだしている酒が話題の酒ということになりますね。

No title

あきあかねさんおはようございます。
御代櫻醸造の屋号である「津島屋」ですが、文字通り愛知県の津島市がその発祥地だそうです。津島といえば信長の領地で、今では埋め立てられてしまいましたが、伊勢湾に接する津島港が海運で栄えていたようです。
酒向という苗字は、岐阜でも東濃地方にあるので、恐らくは地元の方でしょう。前任の杜氏は但馬杜氏だったようです。

No title

御節を食べながらこの酒を呑む。
正に日本人に生まれてよかったなり・・・と言ったところでしょうか。
御節には日本酒ですねぇ~!

No title

MONTAさんこんばんわ。
やはりお節には日本酒でしょうね。ただこの酒は美味いことは間違いないのですが、だらだら飲むにはちょっと辛いような…少し強すぎるきらいはありますね。経験則から生原酒よりも、火入れの純米酒あたりの方が飲み疲れません。

おはようございます

とても気になるお酒ですねぇ
その前に酒屋さん探しをしないと!
豊富な種類を取り揃えている酒屋さんって意外に少ないのではないでしょうか。量販店の酒屋さんは売れ筋の酒か値引き幅の多いお酒しか扱っていないし…。
買い物ついでに酒屋さん探しでもしてみようと思います

No title

くるたんパパさんおはようございます。
パパさんちの近くには望月商店があるではないですか。試しにHPを見てみれば、このあたりの酒屋が羨ましがるような銘柄を数多く扱っています。もっとも、常連客にならないと売ってくれない酒もありますが…。いずれにせよ、首都圏には有力な酒販店が多いのが強みですね。欲しい銘柄を手に入れるには、地方の人間はネット販売に頼るぐらいしかありません。

No title

ほんとだ 杜氏の方 酒向さんていうんですねえ。
苗字に憧れを感じたのは
初めてですねぇ。
これって 杜氏の家系?なんでしょうか。

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんこんにちは。
蔵のある美濃加茂市は岐阜でも東濃地方に分類されます。そのあたりでは「酒向」という苗字はしばしば聞きますので、地元の人なのでしょう。
まあその由来に関しては、私では詳細は分かりませんね。杜氏制度は江戸時代になって、四季醸造が禁止されてからだと思いますが、その当時から酒造りに関わっていたのかもしれませんね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2015/01/02 08:47)

美濃加茂市エージェント:あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。ご訪問をお待ちしています。