アナゴのすき焼き

昨日は動画でアナゴの捌き方を書きました。その開いたアナゴを使ってすき焼きにします。
DSCF9678_convert_20141210163635.jpg
全部で五本開きました。動画ではちょっと見にくくなっていましたが、背ビレと腹ビレも取ってあります。ヒレを残すと、生臭みまで残ってしまいます。
DSCF9679_convert_20141210163653.jpg
アナゴの皮目に熱湯をかけて、ヌメリを取り除くのはこの前と同じです。必ずやるべきでしょう。
DSCF9680_convert_20141210163721.jpg
アナゴの頭や中骨で出汁を取り、野菜や豆腐を甘辛い割り下で煮込みます。
DSCF9681_convert_20141210163746.jpg
野菜が煮えたら、一口大に切ったアナゴを入れて、もうしばらく煮ます。
DSCF9682_convert_20141210163800.jpg
すき焼きの時と同様、生卵に浸して食べてみました。ある程度アナゴに割り下の味が染み込んでいる必要がありますが、これもなかなか美味でした。
DSCF9683_convert_20141210163823.jpg
普通に煮汁と一緒にして食べても良いですね。これは好みでどちらでも良いでしょう。締めはうどんでした。
スポンサーサイト
コメント

シメはやはりうどんでしたか

おはようございます

すき焼きのように魚を玉子でいただくのは、珍しいと思いましたが、
柳川なども玉子を使いますからね。
よく考えればもちろんアリだと思います。
でも自分は煮汁派かなぁ

No title

くるたんパパさんおはようございます。
鱧の時と同様、割り下ですき焼きにしてみました。最初は煮アナゴにしようと思ったのですが、こう寒くては鍋になってしまいます。
生卵をからめて食べるのもなかなかでした。ただ味の点では煮汁の方が良いでしょうね。

No title

ちょっと想像と違ったけど

でも やっぱり どうして 毎朝

ごはんを食べた後なのに

口の中は 海になるの!!

No title

仙台から、おはようございます。

 なるほど、アナゴのすき焼きだったのですね。やはり、アナゴには濃い味付けが合いますね。
 で、やはり、この場合は関西風の割り下を使うすき焼きになってしまうのでしょうね。関東風の炒りつけるようなすき焼きだと、アナゴの身が崩れて巧く行かないでしょうから・・・
 ところで、鱧のすき焼きとアナゴのそれと、どちらが美味しかったですか?

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんこんにちは。
江戸前の寿司には「煮アナゴ」がありますね。鰻もそうですが、アナゴというのは砂糖醤油との相性が抜群だと思います。煮アナゴとはちょっと違いますが、甘辛い味が染みたアナゴは非常に美味いものです。もっとも、関西では焼きアナゴが一般的ですが。

No title

あきあかねさんこんにちは。
すき焼きですが、関西風と関東風が逆になっているようです。関西風は割り下を使わずに、牛脂を引いて肉を焼き、砂糖と醤油を直接かけて味付けします。勿論、アナゴや鱧はこの手法を採るわけにはいきません。身が鍋にくっ付くか、崩れてしまうでしょう。
どちらが美味いかですが、時期にもよりますね。今でも鱧は獲れますが、脂が落ちているような気がします。

No title

こんにちは。
アナゴの鍋の次は、すき焼きですか。
これまた思いつきませんでしたが、
イケそうですね。
機会があればトライしてみたいと
思います。

No title

穴子のすき焼きですか。

これも初めて見ました。

でも考えてみれば煮穴子が有りますので、それの応用版と考えると有りですねぇ。

一度試しtみたいものです。

No title

へるぞうさん、こんばんは。
肉以外のすき焼きはまだ未体験の
杏です。

あきあかねさんとのコメで、
関西風と関東風の違いが判明。
母は肉を焼いてからの直調味ですが、
社会人になってから関東生活が長い
私は割り下使ってグツグツ派。
誰に教わったわけでもないのに、
勝手に郷に従っていることに
驚きました。
ちなみに私は生卵党です(^^)

No title

casa blancaさんおはようございます。
これまで何度か鱧のすき焼きを書いていたので、まあ想定の範囲だった人が多いような気がします。元々関西では「魚すき」があったので、別段肉でなければならないということもありません。歳と共に肉が食べづらくなってくるので、魚を使ったすき焼きは、我が家でも定番となりつつあります。

No title

MONTAさんおはようございます。
仰る通り、煮アナゴを鍋に転用したわけです。アナゴはあっさりした中にも、脂がかなりあるので、こういう煮る料理法がピッタリ合っているように思います。ただとろける様な口当たりの煮アナゴは、他とは違う捨てがたい魅力があります。そのうち書いてみます。

No title

杏さんおはようございます。
私も関西風のすき焼きで育った口ですから、割り下を使った関東風のすき焼きにはなんとなく抵抗感があります。ただ「郷に入れば郷に従え」と云いますから、慣れてくれば関東風でも問題ないのでしょうね。魚すきの場合は、関東風の割り下を使う方法でないと出来ないと思います。
溶き卵をからめるのも、一見違和感だらけですが、なかなか良いものですね。

No title

味の付いた穴子を更に
玉子と一緒に食べるなんて
美味しそうです。

No title

せいパパさんおはようございます。
アナゴは天ぷらや煮アナゴ、焼きアナゴなどいろんな料理に使えますが、砂糖醤油を使った煮アナゴやすき焼きとは特に相性が良いようです。溶き卵は使わなくても良いのですが、すき焼きにならって使っています。当然スタミナはつきますから、師走の忙しい時期もこれで一頑張り出来そうです。

No title

こんにちわ、
やっとたどり着くことができました。
また、出直してきます。

No title

537QRAさんこんにちは。
このところ寒波が襲来していますが、お加減の方は如何でしょうか?体調の宜しいときにでも、ぼちぼち覗いてやってください。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する