鱧の骨切り

鱧の捌き方に続いて、鱧の骨切りを動画にしました。骨切りを撮影するのは初めてだった為か、あまり上手くいきませんでした。ただポイントとなる骨切り包丁の動き自体はそれなりに撮れているので、その点に注目して頂ければ良いかと思います。
[広告] VPS
スポンサーサイト
コメント

なるほど

おはようございます。

包丁を手前に引くように切るのではないのですね。
へるぞうさんは文章力があるので、リアルに伝わっていましたが、
動画だとさらに分かり安いです。

昨日の記事では、鱧を鰻と早合点していました(^0^;)

No title

くるたんパパさんおはようございます。
普通和食で使う包丁は引いて切りますよね。ところが骨切り包丁は押して切るので反対になります。鱧の骨は固いので、引いて切っていては骨が切れずに残ってしまうのです。そこで分厚くて重い骨切り包丁を使い、押し切ることで骨を断ち切るわけです。
やはり文章よりも動画で見た方が判りやすいようですね。これからも動画を増やしていくつもりです。

No title

おはようございます。
このシャリシャリという音を期待きておりました。いいですねぇ、動画。とてもわかり易いです。皮を切らないように寸止め、胡瓜の蛇腹を切る時を思い出しました。

No title

 おはようございます。
 この音はやはり骨を切っている音なのでしょうか。
 皮を切らないようにしながら骨を切る。なかなか難しそうです。^^ casa blanca さんがいうのうに自分の身近で似たような作業なら胡瓜の蛇腹切りかもしれませんね。^^;

No title

casa blancaさんおはようございます。
初めての動画撮影だったので、普段やっているようにはいかず、最後に切れ目を見せようとしていること自体意味のないものでした。この日は他にも色々捌いていたので、用途を決めていなかったのも問題でした。そのうちもっとわかりやすく撮り直すつもりです。

No title

kouさんおはようございます。
そうです、このシャリシャリという音こそが、鱧の骨が切れている音なのです。京都では祇園祭は別名鱧祭りと呼ばれて、あちこちでシャリシャリという鱧の骨切りの音が聞こえるとか。ちょっと大げさですね。
もう何年も鱧の骨切りをやっていますが、自分で骨切りしている動画を見ると、自分の至らなさがよく判ります。これを極めるというのは本当に難しいものだと改めて実感しました。

No title

仙台から、おはようございます。
 いや~、眼福、眼福!
 リズミカルな音といい、いい物を見せていただきました。
 これも保存版ですね。
 骨切りした後の皮目のほうも見てみたかった。

No title

骨の切れる音

こぎみいいねえ‥‥

して 押している?

皆さんへのコメントを見て
納得\(//∇//)\

 いや いいもの魅せて!もらいました。

No title

あきあかねさんこんにちは。
まあ普段からすれば今一つの出来ですが…。骨自体はちゃんと切れていましたが、落としにするのであればもう少し細かく切り離す必要があったかな?と思います。結局、骨切りしたあくる日に玉ねぎとすき焼きにして食べました。

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんこんにちは。
今まで散々書いてきた鱧はこのようにして使うということがお分かり頂けましたでしょうか?面倒といえば面倒ですが、夏になるとなんとしても食べなければならないと思う魚でもあります。ただ本当に美味いのは秋口になってからだと云われています。その時にはまた鱧が登場することになるでしょう。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する