マフグ

仲買から帰る途中、ある店で大きなマフグを見つけました。フグの免許を取る際、度々この店でフグを買って練習したので、私としても全くの無関係ではなかったりします。売れ残りのようでしたがまだ活きていたこともあり、白子でも入っていればラッキーだと思って買ってみました。
DSCF9459_convert_20141112093128.jpg
持ち帰って計ってみると1.4キロありました。これがトラフグなら一万円は下らないでしょう。
DSCF9461_convert_20141112093146.jpg
バラしてみると、大きな白子が出てきました。フグは種類によって白子も有毒部位の場合もありますが、マフグは可食部位です。¥1,500でこれだけ大きな白子が食べられるとはラッキーですね。
DSCF9462_convert_20141112093402.jpg
これだけが可食部位です。この中では、やはり白子が目を引きます。
DSCF9460_convert_20141112093338.jpg
トラフグは皮も可食部位ですが、マフグの場合は有毒部位です。
DSCF9463_convert_20141112093419.jpg
マフグは鍋にすることが多く、活けを刺身にすることは今まで一度だけあったような…。刺身にするよう、身皮を取って二つにへぎ切りし、キッチンペーパーに包んで冷蔵庫で保管します。
DSCF9470_convert_20141112190704.jpg
刺身に切りつけました。トラフグよりも身が柔らかいので、盛り付けるのは結構難儀です。味はトラフグよりもやや落ちるでしょうか。
DSCF9471_convert_20141112190727.jpg
白子は塩を振って一口大に切り、串を打って下火の炎で焼きます。
DSCF9472_convert_20141112190745.jpg
軽く焦げ目が付く程度までじっくり焼きました。これは日本酒が必要になりますね。
DSCF9473_convert_20141112190804.jpg
最後はちり鍋です。これはトラフグに引けを取りません。
スポンサーサイト
コメント

No title

 おはようございます。
 ふぐの種類による値段の違いがマフグとトラフグで全然違うのですねぇ。それはともかく、白子大きいですね。串で焼いている画像で大きさがよく分かります。表面は焦げ目がつくまで焼いて、中はトロッとしているのでしょうか。一口食べてみたいです。^^

No title

おはようございます

連日、贅沢な魚が登場しますね
高級魚から安価で買える魚まで、上手に調理するへるぞうさんは
ホント素晴らしい

魚を知り尽くしているからこそ、その魚にあった調理ができるのですよね。
白子、食べたい…。

No title

kouさんおはようございます。
フグといえばトラフグのことを指すぐらいですから、マフグはどちらかというと雑魚扱いでしょうか。ただ味そのものは良いのですから、私は良さそうな個体があれば買ってきます。
今回の白子は大きかったので、串を打って焼きましたが、外がパリッと中がトロッとした感じです。まあこれ以上の説明は不要ですね。

No title

その白子( ̄▽ ̄)
コメントを拝見していて
味の感触が想像のなかで

膨らむ( ̄▽ ̄)
もう一回、朝ご飯
食べましょうかね!

No title

くるたんパパさんおはようございます。
マフグを高級魚とみなすことはないでしょう。値段もトラフグの四分の一ぐらいですし。有毒部位がトラフグと違うので、免許を持たない人は手を出さない方が無難です。
白子の味自体は、トラフグとさほど変わることはありません。値段も安いので、マフグは庶民のフグだと言えそうです。

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんおはようございます。
フグの白子は、鯛や鱈と違って、全然生臭みがないというのが不思議なところです。どうやっても美味いのですが、やはり焼くか天ぷらにするのが一番かと思います。でもあんまり多食すると、痛風になりそうですね。

No title

仙台から、おはようございます。
 そうすると、こちらのスーパーで時折「フグチリ用」としてパッケージで並べられているのは、マフグなんでしょうかね?みがき身と、アラ、小さな白子が付いている時もあります。大体2~3人前程度が1パックになっています。
 仙台の場合、関西圏からの転入者も多いですし、市内にはふぐ料理を出す店も何軒かあります。家庭でふぐ料理を食べる方も、多くはありませんがいるようですよ。

 ふぐの白子ですが、京都にいた時にポン酢でや天麩羅で食べたことがあります。ねっとりとした食感と旨みが有り、美味しいですね。でも、私的には真鱈の白子のほうがおいしいように思えます。真鱈の白子は先週辺りからスーパーに並ぶようになりましたよ。

No title

あきあかねさんこんにちは。
スーパーで売られているふぐちりセットですが、大抵は無毒とされるシロサバフグを使っているようです。シロサバフグはマフグよりも安価ですし、まとまって獲れるようですから。ただマフグやショウサイフグを使っている場合もあるでしょうね。いずれにせよ、トラフグでないのは確かです。
フグの白子は生臭みがありません。如何に鮮度の良い鯛や鱈でもちょっと臭います。まあ、これは個人の嗜好の違いでしょう。このあたりでは、鮮度の良い鱈は手に入りません。

No title

こんちわ~
へるぞうさんちは、毎日ご馳走ですね。
お家の方は、なんとおっしゃってるのかしら?
こんなに毎日ご馳走なら、「たまには、
こってりお肉料理が食べたい。」なんて
言われることはないか。(^~^*)

白子の串焼き、自宅で食べてる人って
少ないでそうねぇ。

No title

河豚の白子、おいしそうですねぇ。

確かにこれは日本酒が欲しくなります。

鍋も美味しそうです。

寒い時期のふぐちり、食べたいですねぇ~。

No title

casa blancaさんおはようございます。
まあ漁港に出入りしているので、魚に関しては安価に入手出来るのが大きいですね。我が家は肉をあまり食べません。せいぜいかしわぐらいでしょうか。そういえば来週、仲間内で早めの忘年会があるのですが、毎年焼肉屋でやるので、肉の脂に弱い私は今から気が重いのです…。
白子は普通は料理屋で食べますよね。扱える人間だってどれだけ自宅で食べているのでしょうか?

No title

MONTAさんおはようございます。
ヒガンフグという、トラフグに匹敵する美味いフグがいます。刺身にして非常に美味なのでよく買うのですが、残念ながらヒガンフグは白子が有毒部位です。これに対してマフグは白子が可食部位です。マフグの白子はトラフグと比較しても、見劣りしないというのが嬉しいところです。
焼酎党のMONTAさんでも、フグとなればやはり日本酒でしょうね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する