パンガシウス

最近、市内にある近所のスーパーの系列店によく行きます。近所のスーパーと比べると距離はありますが、品揃えがちょっと違っているので、買い物がルーチンワークにならないからなのです。
DSCF5319_convert_20180419153620.jpg
ある日鮮魚コーナーを見ていると、ちょっと変わった魚のフィレ(三枚に卸した冷凍物)がありました。
DSCF5320_convert_20180419153635.jpg
パンガシウスとあります。調べてみると、東南アジアで養殖されているナマズのようで、これはベトナム産でした。
DSCF5321_convert_20180419153650.jpg
調理法はフライが一番良さそうですね。
DSCF5322_convert_20180419153706.jpg
今回はフライパンで揚げてみました。
DSCF5323_convert_20180419153734.jpg
うーむ、コンビニの弁当に入っている白身魚のフライですね。こういった輸入魚も、今や欠かせない存在になっていることを実感しました。
スポンサーサイト

鱈ちり

近所のスーパーで、鱈が安かったので買ってきました。
DSCF5313_convert_20180416030325.jpg
以前はよく使っていた鱈ですが、最近はあまり使いませんね。これは皮が無いので、冷凍物を解凍したのでしょう。
DSCF5314_convert_20180416030342.jpg
鱈ちりにすることにして、小骨を抜いて一口大に切って塩を振っておきます。
DSCF5315_convert_20180416030402.jpg
それを熱湯に浸し、冷水に取って霜降りにします。この一手間が大事ですね。
DSCF5317_convert_20180416030418.jpg
豆腐や野菜と一緒にちり鍋にします。白菜はもうないので、キャベツで代用です。
DSCF5318_convert_20180416030433.jpg
例の湯豆腐ダレに付けてみました。鱈もこうすればなかなかの物です。

初鰹

先週の金曜日、三河安城駅近くのスーパーに行ったところ、鰹が丸ごと売られていました。
DSCF5296_convert_20180412200834.jpg
私は魚丸ごと一匹買う方が好きなので、喜んで買ってきました。その前にも鰹があったのですが、この倍の値段だったので、泣く泣く諦めてきたことがあったのです。ともあれ、これが今年の初鰹でした。
DSCF5297_convert_20180412200901.jpg
鰹の卸し方は、マグロのそれと同じようなものです。腹びれ付近に鱗があるので、包丁ですき引きします。その後に、頭と腸を取り除きます。
DSCF5299_convert_20180412200917.jpg
それから背びれを外して、三枚に卸します。
DSCF5304_convert_20180412200937.jpg
一匹買いするのには、血合いも使うということもありますね。背骨に付いた身や血合いを使って、鰹ハンバーグにしました。
DSCF5311_convert_20180412201016.jpg
買ったその日は刺身に、翌日はタタキにします。毎日鰹があれば、それこそ毎日買っているかもしれませんね。

のり天松茸の香り

近所のスーパーで、面白いスナック菓子を買ってきました。
DSCF5292_convert_20180409030217.jpg
松茸の香りがする天ぷらあられのようです。
DSCF5293_convert_20180409030233.jpg
松茸の特徴は、あの香りにあるのは間違いありませんが…。
DSCF5294_convert_20180409030250.jpg
これを作っているダイコー食品は、広島県福山市にあるようです。広島は松茸の出荷額が全国一ですからね。
DSCF5295_convert_20180409030305.jpg
要は永谷園の松茸のお吸い物の香りが付いているといえば良いのでしょうか。ちょっとカメラの状態が良くなく、ピンボケ気味になってしまいました<(_ _)>。

のり天松茸の香り

今年もやっぱり筍

しばらく前の事で恐縮ですが、今年初めての筍についてです。
DSCF5268_convert_20180406022039.jpg
タラノメと一緒に買ってきました。
DSCF5269_convert_20180406022056.jpg
買ってきたらすぐに、米糠と鷹の爪で灰汁抜きをします。それから皮を剥いて水に一晩浸しておきます。
DSCF5284_convert_20180406022142.jpg
人参や干し椎茸と一緒に炊き込みご飯にします。
DSCF5287_convert_20180406022157.jpg
ありきたりですが、やっぱり美味いですね。
DSCF5286_convert_20180406022128.jpg
鯛の粗と一緒に煮てみました。鯛の旨みを吸った筍もまた美味です。

今年初めてのタラノメの天ぷら

ヒメを買った時に、というかこちらの方が主な目的だったのですが、タラノメを買ってきました。
DSCF5270_convert_20180401163228.jpg
一番太くて立派な物を買いました。
DSCF5271_convert_20180401163244.jpg
その分、値段はちょっと高めです。
DSCF5272_convert_20180401163305.jpg
タラノメは袴を取り、木の部分を削り取ります。
DSCF5276_convert_20180401163347.jpg
打ち粉をする前に、緩い衣に浸して粉を落ちにくくします。
DSCF5277_convert_20180401163406.jpg
油の温度は170℃ほどで、一分も揚げれば十分です。
DSCF5278_convert_20180401163418.jpg
今回は衣に卵黄を使ったので、ちょっとぼってりした仕上がりになりました。どうも私は、衣に卵を使うのが苦手ですね。