良いお年を

年内の更新は今日で最後です。一年間ありがとうございました。
次回は元日正午を予定していますが、多少遅れるかもしれませんのでご了承ください。

それでは皆様、良いお年をお迎えください。
スポンサーサイト

ピカチュウのMerry Xmas

世の中はクリスマス一色ですね。ポケモンgo! も先週からクリスマス仕様になっています。
Screenshot_20171224-160041[1]_convert_20171224160244
ピカチュウがサンタの帽子を被って、トレーナーをお出迎えです。
Screenshot_20171224-160050[1]_convert_20171224160305
こちらは女の子。尻尾の先がちょっと違うのが分かるでしょうか?
Screenshot_20171224-160103[1]_convert_20171224160337
これを進化させれば、サンタライチュウになります。
Screenshot_20171224-160122[2]_convert_20171224160641
オマケ これは少し前の、ハロウィーンイベントの時に出現したピカチュウです。魔女の帽子を被っていますね。
Screenshot_20171224-160136[1]_convert_20171224160405
でもピカチュウよりも、そのベイビーであるピチューの方が可愛いでしょう?ピチューは卵からしか出現しないので、2㎞卵を幾つも孵化させた結果、何とか一匹だけ生まれてくれました。どうやらこのイベント、サンタピチューも生まれるようなので、とにかく頑張って孵化させなければ…。

お節の栗きんとん

そろそろお節料理の準備をする必要があります。
DSCF5097_convert_20171221184945.jpg
この時期買うのは、傷む心配のない食材です。この前、栗きんとんになる栗の甘露煮を買ってきました。
DSCF5098_convert_20171221185003.jpg
何処で採れた物かと裏の表示を見たら韓国産でした。国産の栗では、とても採算が合わないのでしょう。
DSCF5099_convert_20171221185023.jpg
栗きんとんに欠かせないのが、黄色い色を付けるクチナシの実です。
DSCF5100_convert_20171221185037.jpg
これは中国産です。cacocacoさんのように、近所にクチナシの木がない限り、これを使うしかありませんね。
<Screenshot_20171221-184324[1]_convert_20171221190846
昨日はグラードンを二回レイドバトルで勝利して、二回ともゲットしました。ただcp2,900越えはまだゲットしていません。

EUROPE TheFinalCountdown

部屋の掃除をしていたら、こんなCDが出て来ました。
DSCF5096_convert_20171219155511.jpg
スウェーデン出身のロックバンド「EUROPE」のアルバム「TheFinalCountdown」です。歌詞自体は地球を離れて金星に行くなんて他愛もないものですが、車のCMにも使われたばかりか、新日本プロレスの武藤敬司の入場曲だったので、覚えている方もおられるかと思います。ただし私がプロレスに熱中していたのは、初代タイガーマスクが活躍していた所謂プロレス黄金期でした。なので武藤がメインイベンターだった頃は、ほとんどプロレスは視ていませんでしたね(笑)。



このテーマ曲、YouTubeで見つけましたが、本当に懐かしいですね。私が小学生の頃、金曜日に近所にあった在所に行くと、爺さんが必ずワールドプロレスリングを視ていました。そもそも年寄りは相撲とプロレスが大好きなのだと云われていますが、うちの爺さんもご多分に漏れずそうでした。その頃は、タイガー・ジェットシンがまだ新日本プロレスで活躍していた頃でしたね。当時は額から流血することはお約束でしたから(笑)、女性陣は目を背けてなるべく視ないようにしていました。熱心に視ていたのは、爺さんと子供だけでしたね。

ウルメイワシでつみれ鍋

先週土曜日、一色漁港へ行ってきました。年末近くなってきたので、いつもよりも人が多くやってきたようでした。
DSCF5089_convert_20171217160343.jpg
この日は珍しく、ウルメイワシが大量だったようです。値段も¥300だったので、買ってみました。
DSCF5090_convert_20171217160402.jpg
一色の漁船は大半が底引き網漁なので、イワシのような弱い魚は傷だらけになってしまいます。傷があればすぐに鮮度が落ちてしまうのですが、これは致し方ないですね。ちなみに碧南大浜は巻き網漁のようで、イワシに傷がほとんどありません。
DSCF5091_convert_20171217160420.jpg
頭と腸を取り除いたら手開きにします。中には刺身で賞味出来るほどの、鮮度の良い物もありました。意外なようですが、鮮度が良い程手開きは難しいというのを、一体どれだけの人が知っているのでしょう?
DSCF5092_convert_20171217160435.jpg
これらをフードプロセッサーにかけて、玉葱のみじん切り、ニンニク、卵、酒と味噌それに片栗粉を加えてよく捏ねます。
DSCF5094_convert_20171217160450.jpg
鍋に野菜と一緒に入れますが、これはキャベツよりも白菜の方が良いですね。
DSCF5095_convert_20171217160503.jpg
ウルメイワシはマイワシと比べると脂が少ないので、目刺しのような干物にされることが多いのです。ではつみれはどうか?というと、ほとんどマイワシと遜色はありませんね。
Screenshot_20171217-160727[1]_convert_20171217160803
ちょうどこの日から、伝説ポケモンのグラードンがレイドバトルに出現しました。最初の挑戦では、12球全部外れるといった体たらくで、この先どうなるのか不安でしたが、三回目でなんとかゲット出来ました。cpは2850ですが、それが隠れてしまうほどデカい(笑)。

正月の酒

今年も正月の酒を紹介する時期になりました。
DSCF5085_convert_20171214162245.jpg
昨日静岡の酒屋から贈られて来た物です。
DSCF5087_convert_20171215060152.jpg
志太泉の純米大吟醸です。このスペックでこの価格とは信じられない酒です。
DSCF5088_convert_20171215060212.jpg
こちらは純米。山田錦60%精米なので、吟醸を名乗ることも出来るのですが、あえて純米表記になっています。
DSCF5086_convert_20171214162304.jpg
それから、大学の同級生が送ってくれた芋焼酎がなんと八幡のろかせず!でした。前々から飲みたかった焼酎ですが、正月までは飲まずに置いておきます。それからこの前紹介した魔王もありますね。例年になく、芋焼酎の充実した正月になりそうです。

寿がきや 名古屋の味みそおでんの素 後編

月曜日の続きです。
DSCF5080_convert_20171210074318.jpg
名古屋のおでん屋には「どて煮」と称するホルモンの煮込みがあります。ホルモンは癖が強いのですが、八丁味噌を使って煮込むことにより、それを抑えることが出来るばかりか、味噌ダレにコクを増すことにもなります。これは予め茹でて処理してある物なので、串に刺してそのまま使うことが出来ます。
DSCF5081_convert_20171210074332.jpg
もう一箱分の素を使って煮込みました。ですが、味見をするとどうしても薄いのですね。もっとトロミのある味噌ダレでないと、おでん屋の味にはなりません。それとやはり味噌ダレ自体が少ないようです。
DSCF5083_convert_20171210074344.jpg
仕方ないので、豆100%の豆味噌を加えて味噌ダレの味と分量を調えることにしました。何故これが豆味噌といっているかについては、岡崎の紀行に書いておきましたから、暇な方はご覧下さい。岡崎城の桜とヒノアラシ その三
DSCF5084_convert_20171210074400.jpg
一応煮込んだ手前、食べてみましたが全然美味くありませんでした(笑)。やはり味噌煮込みおでんには、あのドロリとした味噌ダレで十分煮込む必要があるのです。正直、この商品はまだ開発段階なのでは?と思ってしまいます。

寿がきや 名古屋の味みそおでんの素 前編

一月前、近所のスーパーでつい買ってしまった「寿がきや 名古屋の味みそおでんの素」ですが、なかなか使う気になりません。これを使っても、美味い味噌煮込みおでんが出来るとは思えないからです。
DSCF5074_convert_20171210074414.jpg
おでんの素はよく売られていますが、あれは俗に云う「関東炊き」です。同じように味噌おでんを簡単に再現しようというのは無理なのではないか?と思っていました。とはいえせっかく買ったことでもあるので、これで味噌煮込みおでんを作ることにしました。
DSCF5075_convert_20171210074428.jpg
中身は素が二パック入っています。
DSCF5077_convert_20171210074228.jpg
これを決められた分量の水で溶き、火にかけます。
DSCF5078_convert_20171210074242.jpg
まずは下茹でした大根を入れて煮込みます。
DSCF5079_convert_20171210074259.jpg
次にこれも茹でてある卵や蒟蒻を入れてさらに煮ます。ただ、おでん種の分量が多かったようで、味噌ダレの外に出てしまっています。これでは美味くなる筈もないので、次の日に更にもう一箱買ってくる羽目に…。どうも雲行きが怪しくなってきましたが、この続きは水曜日になります。

カルビーポテトチップス 岐阜の味 ピリ辛鶏ちゃん味噌味

市内の西友に、カルビーのポテトチップスがありました。
DSCF5071_convert_20171207140554.jpg
これは岐阜、それも奥美濃地方の郷土料理「鶏ちゃん」の味をポテトチップスで再現した物のようです。
DSCF5072_convert_20171207140634.jpg
鶏ちゃんはここに書かれたように、かしわの肉を味噌や醤油のタレに漬け込み、キャベツなどの野菜と一緒に炒めたものです。以前私もやってみたことがありました。鶏ちゃん
鶏ちゃんは簡単で美味いし、地元以外でも評判が良いので、ポテチ味に採用してみたいという気持ちはよく分かります。でもちょっと味が薄いような…。もっと濃い目の味噌味でないと、鶏ちゃん本来の味が再現できたとは言えないでしょう。
DSCF5073_convert_20171207140649.jpg
一緒に売っていた、石川の味 金沢おでんカニ面味も買ってみました。金沢のカニ面は食べたことがないので何とも言えませんが、やはり味が薄くてイマイチのように感じました。
Screenshot_20171129-123259[1]_convert_20171207141010
ここからはキーブーさん向けです(笑)。昼間一旦自宅に戻った際、サーチアプリのmagicalgo!からバンギラスがすぐ近くに出現したとの通知が!急いで外へ出て、バンギラスをゲット!個体値はそれほどではありませんでしたが、野生のバンギラスをゲットしたのはこれが初めてです。
Screenshot_20171207-140911[1]_convert_20171207141037
それから数日後、またレイドバトルで100%バンギラスをゲットしましたv(o゚∀゚o)v。ゲットチャレンジの時は夢中でしたが、ゲットした後、手の震えがしばらく収まりませんでした(笑)。

鍋仕立て鯛蕪 後編

前回の続きです。
DSCF5066_convert_20171203134409.jpg
鯛の粗は、グリルでこんがりと焼き、鍋に入れます。
DSCF5068_convert_20171203134433.jpg
先に頭を入れましたが、全部入れるとこんな感じですね。勿論、鯛の鱗や血合いはきちんと取り除いてあります。
DSCF5069_convert_20171203134449.jpg
塩と薄口醤油、それに酒で味を調えて、下茹でしておいた蕪の実と葉を入れて柚子の摺り卸しを載せます。これで一応出来上がりですが、前回書いたように、鯛の切り身も鍋に入れて食べます。
DSCF5070_convert_20171203134503.jpg
鍋仕立てにしてみましたが、椀物にするよりも良さそうです。