のり天松茸の香り

近所のスーパーで、面白いスナック菓子を買ってきました。
DSCF5292_convert_20180409030217.jpg
松茸の香りがする天ぷらあられのようです。
DSCF5293_convert_20180409030233.jpg
松茸の特徴は、あの香りにあるのは間違いありませんが…。
DSCF5294_convert_20180409030250.jpg
これを作っているダイコー食品は、広島県福山市にあるようです。広島は松茸の出荷額が全国一ですからね。
DSCF5295_convert_20180409030305.jpg
要は永谷園の松茸のお吸い物の香りが付いているといえば良いのでしょうか。ちょっとカメラの状態が良くなく、ピンボケ気味になってしまいました<(_ _)>。

のり天松茸の香り
スポンサーサイト

カルビーポテトチップス 岐阜の味 ピリ辛鶏ちゃん味噌味

市内の西友に、カルビーのポテトチップスがありました。
DSCF5071_convert_20171207140554.jpg
これは岐阜、それも奥美濃地方の郷土料理「鶏ちゃん」の味をポテトチップスで再現した物のようです。
DSCF5072_convert_20171207140634.jpg
鶏ちゃんはここに書かれたように、かしわの肉を味噌や醤油のタレに漬け込み、キャベツなどの野菜と一緒に炒めたものです。以前私もやってみたことがありました。鶏ちゃん
鶏ちゃんは簡単で美味いし、地元以外でも評判が良いので、ポテチ味に採用してみたいという気持ちはよく分かります。でもちょっと味が薄いような…。もっと濃い目の味噌味でないと、鶏ちゃん本来の味が再現できたとは言えないでしょう。
DSCF5073_convert_20171207140649.jpg
一緒に売っていた、石川の味 金沢おでんカニ面味も買ってみました。金沢のカニ面は食べたことがないので何とも言えませんが、やはり味が薄くてイマイチのように感じました。
Screenshot_20171129-123259[1]_convert_20171207141010
ここからはキーブーさん向けです(笑)。昼間一旦自宅に戻った際、サーチアプリのmagicalgo!からバンギラスがすぐ近くに出現したとの通知が!急いで外へ出て、バンギラスをゲット!個体値はそれほどではありませんでしたが、野生のバンギラスをゲットしたのはこれが初めてです。
Screenshot_20171207-140911[1]_convert_20171207141037
それから数日後、またレイドバトルで100%バンギラスをゲットしましたv(o゚∀゚o)v。ゲットチャレンジの時は夢中でしたが、ゲットした後、手の震えがしばらく収まりませんでした(笑)。

あげポテト

近所のスーパーで面白い物を見つけました。
DSCF2421_convert_20160126180251.jpg
どう見ても餃子です。三日連続で餃子かと思うでしょうが…。
DSCF2422_convert_20160126180307.jpg
実は餃子の皮に、ジャガイモとチーズが入っている惣菜なのです。
DSCF2423_convert_20160126180324.jpg
でもここには餃子と書いてありますね(笑)。
DSCF2424_convert_20160126180338.jpg
餃子のように蒸し焼きではなく、フライパンに油を多めに引き、揚げ焼きにするようです。
DSCF2425_convert_20160126180401.jpg
ちょっと焦げましたが、焼き上がりました。ジャガイモとチーズが混ざったちょっと変わった味です。暇があれば、手作りの餃子の皮にこの中身を入れてみるのも面白そうです。

浪漫亭の肉焼売

以前紹介した餃子の浪漫亭ですが、実は焼売もあるのです。近所のスーパーにあったので、買ってみました。浪漫亭の餃子については→浪漫亭 五目野菜の生餃子
DSCF2348_convert_20160116035307.jpg
浪漫亭の餃子は月に一度特売品となりますが、餃子がない時に、この焼売が代わりの特売品となっていることが多いようです。
DSCF2349_convert_20160116035322.jpg
考えてみると餃子よりも焼売の方が日持ちしそうですから、店としては管理が楽なように思います。
DSCF2350_convert_20160116035338.jpg
一昨日から、餃子の方も特売品になっていたので、これも買っておきました(笑)。これは間違いなく美味いのでお勧めです。
DSCF2351_convert_20160116035353.jpg
さて焼売ですが、蒸し器など使わなくても電子レンジで簡単に調理することが出来ます。そのままラップの四隅に穴をあけて…
DSCF2352_convert_20160116035411.jpg
電子レンジで二分加熱するだけです。
DSCF2353_convert_20160116035426.jpg
焼売一粒がかなり大きくて、食べ応えがあると言えますね。

さらば!ごちカレー

デンパーク脇にあるJA産直所には、今年の夏頃まで売られていたレトルトカレーがありました。それがごちカレーです。
DSCF1828_convert_20151020024559.jpg
地元でも流通量が少なく、幻の和牛と呼ばれる「安城和牛」を使ったレトルトカレーとして人気がありました。しかし元々安城和牛を育てている畜産農家が少なかったのに加え、近くの牛舎が最近廃業したこともあってますます入手困難になってしまいました。その結果製造中止となったわけで、現在再開のメドは立っていないようです。ちなみに、ごちカレーの販売は安城市の企業が行っていましたが、製造元はカレーのCMでお馴染みのオリエンタルです。
DSCF1829_convert_20151020024618.jpg
店頭在庫限りということで、残りをすべて買い占めておきました(笑)。当ブログの常連の方達にも食べてもらったところ、非常に好評でした。残りは大事に取っておきましたが、賞味期限が近づいてきたので食べてみることにしました。レトルトカレーとはいえ、一つ¥600する物ではおいそれと食べることが出来なかったのです。
DSCF1834_convert_20151020024635.jpg
食べてみるとあまり辛さはありません。ジャガイモだけでなく、自慢の安城和牛もちゃんと形が残っています。昔帝国ホテルのカレーを貰ったことがありますが、肉はともかくジャガイモは入っていませんでした。高級感がありながら、庶民的なカレーといった感じでしょうか。もう食べられないのが実に残念です。