月桂冠 月原酒

近くにあるショッピングセンターに、月桂冠の主力商品「月」の限定酒が売っていました。
DSCF5204_convert_20180220160356.jpg
なんでも月が発売されて今年で二十年になるのを記念して、月の原酒ヴァージョンを限定発売したのだとか。
DSCF5205_convert_20180220160410.jpg
何とアルコール度数は20度もあります。レギュラーの月は14度未満ですから、かなり高いのがお分かりでしょう。
DSCF5209_convert_20180220161543.jpg
レギュラーの月は飲むと味の薄さを感じざるを得ませんが、これはかなり濃い味で、とてもパック酒とは思えないほどです。オンザロックにして飲んでみても良いですね。値段も安いので、試しに買ってみても悪くはないでしょう。
スポンサーサイト

芋焼酎 魔王 飲んでみました

去年の十一月に紹介した芋焼酎「魔王」ですが、ポケモンgo!のクイズやら何やらで、飲んだ感想を書いていませんでした。ネタもない事ですし、今回書くことにします。
DSCF5022_convert_20171116145324.jpg
結論から言います。八幡ろかせずと比べると、目指す方向性のベクトルが全然違うということです。日本酒に例えてみれば、八幡ろかせずは出来立てをそのまま瓶に詰めた無濾過生原酒で、サツマイモ特有の香りが甘味がふんだんに残っています。これに対して、魔王は研ぎ澄まされた吟醸酒に当たるでしょう。顔を近づけるだけで、吟醸酒のような上立ち香が鼻をくすぐります。まるで吟醸酒を飲んでいるような感覚に捉われるというのは、決して大袈裟な表現ではありません。魔王に関しては、お湯割りが意外と駄目で、オンザロックが一番合うように思いました。

志太泉 純米酒

今年になって最初の日本酒紹介になります。今回は静岡県藤枝市にある、志太泉酒造の純米酒です。
DSCF5151_convert_20180128073052.jpg
最近特に思うのですが、地元愛知の酒よりも、静岡の酒の方が私には合っているようです。愛知の酒は概して味が濃くて、ちょっとしつこいかな?という感じが(^^ゞ。それに比べると静岡の酒はすっきりしていて、魚介類との相性も抜群です。特に酸味があまり出ていないのが良いですね。最近の傾向としてあえて酸を抑えない日本酒が増えましたが、どうも日本酒とワインをごちゃ混ぜにしているようで、個人的には感心しませんね。
DSCF5149_convert_20180128072609.jpg
静岡の酒といえば磯自慢がすぐに思い浮かびますが、最近特に入手が困難になっていることと、一本¥100,000もするような酒を売り出すなどますます高級志向になってきていることで、別の酒蔵の良い酒を選んだ方が良いと思うようになりました。ということで、最近とみに評価が上がっている志太泉に白羽の矢を立てたわけです。ラベルにも「進化する酒」とあるように、能登流の西原光志杜氏になってから、更なる進化を続けているようです。
DSCF5150_convert_20180128072624.jpg
酵母は静岡酵母として有名なHD-1ではなく、NEW-5を使用しています(純米大吟醸にはHD-1を使用)。HD-1に比べると扱いやすいのが利点だとか。穏やかで酸の少ない味わいになっているので、飲み飽きるということがありません。

芋焼酎 八幡ろかせず

今年最初の酒は、日本酒ではなく焼酎を選びました。日本酒は後日改めて紹介します。
DSCF5112_convert_20180103021102.jpg
今回取り上げるのは、高良酒造の芋焼酎「八幡ろかせず」です。去年の暮れに大学の同級生が送ってくれました。彼は下戸なので、酒選びは銘柄ではなく値段やラベルを元に選んでいるようです。当然外れもあるわけですが、今回は大当たり!とはいえ、どうもプレ値で買ってきたようで、単品定価で買うことをモットーとしている私はちょっと複雑な思いもありますね。まあ、入手が非常に困難ですから、有難く頂きましたが(笑)。
DSCF5111_convert_20180102145350.jpg
アルコール度数は35度、日本酒でいえば無濾過生原酒でしょうか。麹米にタイ米を使っているのは、レギュラーの八幡同様、そちらの方が芋焼酎の麹には向いているからでしょう。芋焼酎 八幡
さて、夕方になり実際に飲んでみました。まずはそのままストレートで。35度あるので、まさにウィスキー並ですね。味わいも風味もかなり濃い目で強い感じです。オンザロックにしましたが、印象としてはあまり変わりません。そこでお湯割り。朝から水と七対三で割っておいて、それを燗付けしました。すると、ストレートやオンザロックでは感じられなかった甘さが出て来ました。やはり芋焼酎は、お湯割りにしてこそ真価を発揮するのだと再確認しましたね。ただしアルコール度数が強いので、七対三よりも五対五にした方が良いようでした。
DSCF5113_convert_20180103021118.jpg
お節もあらかた無くなったので、唐揚げにしてみました。芋焼酎にはこちらの方が合いますね。
DSCF5114_convert_20180103021133.jpg
それから肉団子です。これも良いですよ。

正月の酒

今年も正月の酒を紹介する時期になりました。
DSCF5085_convert_20171214162245.jpg
昨日静岡の酒屋から贈られて来た物です。
DSCF5087_convert_20171215060152.jpg
志太泉の純米大吟醸です。このスペックでこの価格とは信じられない酒です。
DSCF5088_convert_20171215060212.jpg
こちらは純米。山田錦60%精米なので、吟醸を名乗ることも出来るのですが、あえて純米表記になっています。
DSCF5086_convert_20171214162304.jpg
それから、大学の同級生が送ってくれた芋焼酎がなんと八幡のろかせず!でした。前々から飲みたかった焼酎ですが、正月までは飲まずに置いておきます。それからこの前紹介した魔王もありますね。例年になく、芋焼酎の充実した正月になりそうです。