稲荷寿司

近所のスーパーで駅弁大会があったので、豊川の稲荷寿司を買ってみました。
DSCF4329_convert_20170212185328.jpg
売られているのは豊川ではなく、豊橋駅のようです。
DSCF4334_convert_20170212185423.jpg
日本三大稲荷と云われている豊川稲荷ですが、実は神社でなく曹洞宗の寺院なのです。
DSCF4331_convert_20170212185349.jpg
この辺りでは、稲荷寿司といえば俵型で、寿司飯には何も入っていません。関西だと三角の形で、五目の具材が入っていることが多いようです。
DSCF4333_convert_20170212185406.jpg
まあ、シンプルな稲荷寿司ですね。ちょっと物足りないような気もするのですが。
スポンサーサイト

松茸・栗ごはん

近所のスーパーで駅弁大会開催のチラシが入っていました。普通なら無視するところなのですが、家の者が何か買ってきてくれと駄々をこねたので、仕方なく出かけてみることにしました。
DSCF3821_convert_20161009154025.jpg
買ってきたのは広島・福山駅の松茸・栗ごはんです。広島は全国一の松茸産地だと聞いたことがあります。
DSCF3822_convert_20161009154042.jpg
とはいえ、こんな駅弁に入れる松茸なんて中〇産でしょう。こういった加工食品には産地表示が義務付けられていません。
DSCF3824_convert_20161009154055.jpg
栗も入っていますが、これも彼の地で採れたのでは?いつもそんなことばかり考えていては、駅弁なんて食べられませんね(笑)。まあ私は食べなかったので、詳しい味はコメント出来ませんが。

八角弁当

高松からの帰りは大阪まで高速バスを使いました。久し振りに見る大阪の町は随分様変わりしたように思えました。
DSCF0141_convert_20150713033041.jpg
高速バスの終点はJR大阪駅です。大阪の市内は大まかに分けると北と南に分かれますが、北でも大阪駅のあるあたりは「梅田」と呼ばれています。その梅田にある大丸で買ってきた物は…。
DSCF0142_convert_20150713033107.jpg
大阪を代表する駅弁「八角弁当」です。これを買うためだけに大阪に立ち寄ったといっても過言ではありません(笑)。というのも、数年前に八角弁当を製造していた水了軒という会社が倒産し、岐阜県大垣市の企業「デリカスイト」の傘下に入るまで作られていなかったのです。
DSCF0144_convert_20150713033127.jpg
弁当の中身は実にシンプルで、一見すると普通の幕の内弁当にしか見えません。しかし八角弁当の特徴は、一つ一つの具材を仕上げるのに丁寧な調理がなされていることなのです。特に煮物にそれは表れていて、高野豆腐は関西特有の出汁がよく染みています。具材の配置も実によく考えられていて、言うなればこれ一つで浪速の味を堪能することが出来るでしょう。
DSCF1161_convert_20150713033147.jpg
八角弁当にはファンも多く、中島みゆきやハイヒールのモモコもそうだとか。八角弁当を復活させるに際し、大垣のデリカスイトは倒産する前に勤めていた社員を呼び戻してまで、以前と変わらぬ味にこだわったそうです。まさにデリカスイトさまさまですね。ただし記憶を美化していることもあるでしょうが、以前の物と比べると多少仕上がり具合が荒いような気もします。さらに精進を重ねて、名実共に日本一の駅弁と呼ばれるようになって欲しいものです。