寿がきや トマトみそ煮込みうどん

近所のショッピングセンターに、寿がきやの新製品があったので買ってみました。
DSCF5195_convert_20180215161518.jpg
寿がきやのみそ煮込みうどんがトマト味になっています。
DSCF5196_convert_20180215161532.jpg
味噌とトマトというのは、一見してあまり相性が良くないようにも思えるのですが。ただしトマト入りの味噌汁なんて作っている人もいますから、一概に駄目とは言えないのでしょうね。
DSCF5200_convert_20180215162603.jpg
トマトはどうやら、スープにトマトパウダーとして入っているようです。
DSCF5198_convert_20180215161601.jpg
作り方はみそ煮込みうどんと何ら変わりませんが、スープが茶色ではなく赤い色をしています。
DSCF5199_convert_20180215161615.jpg
で、食べてみた感想ですが、どうも中途半端で味がぼやけてしまっています。もう少し、トマトなり味噌なりを濃い味付けにした方が良かったのでは?と思いました。
スポンサーサイト

寿がきや 名古屋の味みそおでんの素 後編

月曜日の続きです。
DSCF5080_convert_20171210074318.jpg
名古屋のおでん屋には「どて煮」と称するホルモンの煮込みがあります。ホルモンは癖が強いのですが、八丁味噌を使って煮込むことにより、それを抑えることが出来るばかりか、味噌ダレにコクを増すことにもなります。これは予め茹でて処理してある物なので、串に刺してそのまま使うことが出来ます。
DSCF5081_convert_20171210074332.jpg
もう一箱分の素を使って煮込みました。ですが、味見をするとどうしても薄いのですね。もっとトロミのある味噌ダレでないと、おでん屋の味にはなりません。それとやはり味噌ダレ自体が少ないようです。
DSCF5083_convert_20171210074344.jpg
仕方ないので、豆100%の豆味噌を加えて味噌ダレの味と分量を調えることにしました。何故これが豆味噌といっているかについては、岡崎の紀行に書いておきましたから、暇な方はご覧下さい。岡崎城の桜とヒノアラシ その三
DSCF5084_convert_20171210074400.jpg
一応煮込んだ手前、食べてみましたが全然美味くありませんでした(笑)。やはり味噌煮込みおでんには、あのドロリとした味噌ダレで十分煮込む必要があるのです。正直、この商品はまだ開発段階なのでは?と思ってしまいます。

寿がきや 名古屋の味みそおでんの素 前編

一月前、近所のスーパーでつい買ってしまった「寿がきや 名古屋の味みそおでんの素」ですが、なかなか使う気になりません。これを使っても、美味い味噌煮込みおでんが出来るとは思えないからです。
DSCF5074_convert_20171210074414.jpg
おでんの素はよく売られていますが、あれは俗に云う「関東炊き」です。同じように味噌おでんを簡単に再現しようというのは無理なのではないか?と思っていました。とはいえせっかく買ったことでもあるので、これで味噌煮込みおでんを作ることにしました。
DSCF5075_convert_20171210074428.jpg
中身は素が二パック入っています。
DSCF5077_convert_20171210074228.jpg
これを決められた分量の水で溶き、火にかけます。
DSCF5078_convert_20171210074242.jpg
まずは下茹でした大根を入れて煮込みます。
DSCF5079_convert_20171210074259.jpg
次にこれも茹でてある卵や蒟蒻を入れてさらに煮ます。ただ、おでん種の分量が多かったようで、味噌ダレの外に出てしまっています。これでは美味くなる筈もないので、次の日に更にもう一箱買ってくる羽目に…。どうも雲行きが怪しくなってきましたが、この続きは水曜日になります。

カルビー かっぱえびせん台湾ラーメン味

まさか大手のカルビーが、こんな商品を売り出すとは…。
DSCF4950_convert_20171027003637.jpg
お馴染みのかっぱえびせんですが、近所のスーパーに台湾ラーメン味という商品がありました。
DSCF4951_convert_20171027003653.jpg
これまでも台湾ラーメンについて何回か書いてきましたが、それがスナック菓子になっているというのはちょっと驚きです。台湾ラーメンの元祖である「味仙」が、東京に進出して知名度が上がったのかもしれませんが…。
DSCF4952_convert_20171027003709.jpg
食べてみましたが、台湾ラーメン特有のパンチが効いた辛さがありません。一体何処が台湾ラーメン味なの?とツッコミたくなります。正直失敗作といえるのではないでしょうか。

寿がきや パスタデココ監修あんかけスパ

近所のスーパーに、寿がきやのあんかけスパゲッティがあったので、買ってみました。
DSCF4909_convert_20171017150618.jpg
以前、オーマイのあんかけスパゲッティを紹介したことがありました。あんかけスパゲッティ
DSCF4911_convert_20171017150638.jpg
この商品を監修しているパスタデココというのは、カレーチェーンココ壱番屋グループのようで、市内にも店舗があるようです(行ったことはありません)。
DSCF4918_convert_20171017150707.jpg
まああんかけスパゲッティの元祖と云われているのは、老舗のヨコイでしょうね。私も本店に行ったことがあります。
DSCF4919_convert_20171017150721.jpg
ソースとパスタは入っているので、用意するのはこんな具材です。
DSCF4920_convert_20171017150737.jpg
具材を炒めておいてパスタを入れてさらに炒めるのが、あんかけスパゲッティの特徴ですね。
DSCF4921_convert_20171017150750.jpg
炒めたパスタを皿に盛り付け、その上からソースをかけてみました。まあ手軽に出来る半面、ちょっと味が物足りないような印象でした。