黒豆と海老の炊き込みご飯

大事に食べていた維真尽米もそろそろ無くなりそうです。
DSCF4930_convert_20171022125736.jpg
この時期、米に蛾が沸いてくるので、送られてきた維真尽米には本当に助かりました。
DSCF4931_convert_20171022125755.jpg
ということで、最後に維真尽米を使った料理を…と考えついたのが、黒豆を使った炊き込みご飯です。また炊き込みか…と思われるかもしれませんが、長雨続きで、一色漁港の海の幸を合わせることが出来ません。
DSCF4932_convert_20171022125810.jpg
黒豆の相方は、冷凍剥き海老とシメジですね。
DSCF4933_convert_20171022125829.jpg
黒豆は炊き込みに使うために、莢から取り出すのですが、茹でた枝豆と違ってこれが非常に難儀でした。
DSCF4934_convert_20171022125844.jpg
海老は背ワタを取り除いてからさっと霜降りにして、生臭みを抑えます。
DSCF4935_convert_20171022125901.jpg
海老を入れたので、出汁は昆布出汁だけです。
DSCF4942_convert_20171022125922.jpg
普段夕食時にはご飯は食べないのですが、炊き込みご飯だけは別です。とはいえ、やっぱり酒の肴になってしまいました(笑)。

スポンサーサイト

この時期だけの枝豆

近くのJA産直所に枝豆が売っていました。
DSCF4922_convert_20171020022525.jpg
スーパーでも見かけることはありますが、枝豆というと夏場のイメージですよね。
DSCF4923_convert_20171020022541.jpg
袋には手書きで「黒豆」とあります。じつはこれ、黒豆の枝豆だったのです。主に正月の黒豆用に乾燥させられるので、生の枝豆として出回るのはこの時期だけなのです。
DSCF4924_convert_20171020022556.jpg
まずは洗って両端を切り落とします。
DSCF4925_convert_20171020022611.jpg
それから塩を振り、揉みこんで三十分ほど置きます。
DSCF4926_convert_20171020022627.jpg
茹で時間は十分くらいでしょうか。
DSCF4927_convert_20171020022643.jpg
引き揚げてそのまま冷まします。
DSCF4928_convert_20171020022700.jpg
莢から取り出してみると、ちょっと黒くなっているのがお分かりでしょう。普通の枝豆よりも味が濃いように思います。

寿がきや パスタデココ監修あんかけスパ

近所のスーパーに、寿がきやのあんかけスパゲッティがあったので、買ってみました。
DSCF4909_convert_20171017150618.jpg
以前、オーマイのあんかけスパゲッティを紹介したことがありました。あんかけスパゲッティ
DSCF4911_convert_20171017150638.jpg
この商品を監修しているパスタデココというのは、カレーチェーンココ壱番屋グループのようで、市内にも店舗があるようです(行ったことはありません)。
DSCF4918_convert_20171017150707.jpg
まああんかけスパゲッティの元祖と云われているのは、老舗のヨコイでしょうね。私も本店に行ったことがあります。
DSCF4919_convert_20171017150721.jpg
ソースとパスタは入っているので、用意するのはこんな具材です。
DSCF4920_convert_20171017150737.jpg
具材を炒めておいてパスタを入れてさらに炒めるのが、あんかけスパゲッティの特徴ですね。
DSCF4921_convert_20171017150750.jpg
炒めたパスタを皿に盛り付け、その上からソースをかけてみました。まあ手軽に出来る半面、ちょっと味が物足りないような印象でした。

かしわの水炊き

当ブログの常連の方は、いつも私が嬉々として料理をしていると思われているかもしれませんが、実はそうでもないのです。誰しもそうでしょうが、疲れて帰って来た時などは手間の掛かる事をする気にはなれません。
DSCF4912_convert_20171016005439.jpg
そういう時には、簡単にできるかしわの水炊きをすることが多いのです。
DSCF4913_convert_20171016005454.jpg
それからモモ肉の特売日にはよく買ってきますね。
DSCF4914_convert_20171016005510.jpg
我が家で作るかしわの水炊きは、いわゆる博多風のように白濁したスープではなく、昆布で出汁を取る関西風の水炊きで、ポン酢につけて賞味します。
DSCF4915_convert_20171016005524.jpg
水炊きは簡単ではありますが、ちょっとした手間をかける必要があります。熱湯にぶつ切りにしたかしわを浸して
DSCF4916_convert_20171016005538.jpg
それを冷水に取る「霜降り」をすることです。かしわの旨みを閉じ込めて、余分な脂を出すわけです。霜降りは魚の煮付けには欠かせない工程ですが、鍋物をする場合にもやっておくべきでしょう。
DSCF4917_convert_20171016005553.jpg
これから春まで、かしわの水炊きを何度もやることになりますね。

イーブイズ!

私が昨日の早朝、ポケモンを置いて来たジムの様子です。
Screenshot_20171012-114432[1]_convert_20171012115334
ジムには違う種類であれば、一人一匹だけ、全部で六匹ポケモンを置くことが出来ます。真ん中にデンと構えているカビゴン以外は、皆イーブイというポケモンから進化した者達です。実はこのカビゴンを置いた人とは顔見知りなので、出来ればイーブイを置いて欲しかったですね。そうすれば、此処をオールイーブイズのジムに出来たのですが(笑)。
Screenshot_20171012-114442[1]_convert_20171012115425
黄色のサンダースの影に隠れてしまいましたが、奥にいる紫のエーフィが私のポケモンです。
Screenshot_20171012-114709[1]_convert_20171012115446
イーブイというのはウサギのような可愛らしいポケモンですが、それが進化すると実に様々なポケモンへと変化するのです。
Screenshot_20171012-114854[1]_convert_20171012115608
ジムに置いてきたのとは別に、先週個体値100%のイーブイを捕まえたので、相棒にして10㎞一緒に歩いた結果、エーフィに進化することが出来ました。
Screenshot_20171012-114721[1]_convert_20171012115508
卵から生まれた100%イーブイを進化させたシャワーズです。バンギラスとのレイドバトルでは、まさに獅子奮迅の働きをしてくれます。
Screenshot_20171012-114739[1]_convert_20171012115527
水系ポケモンには圧倒的な強さを発揮するサンダースです。ただし最近は、ギャラドスとのバトルにもあまり使わなくなりました。
Screenshot_20171012-114750[1]_convert_20171012115552
ブースターは正直あまり出番はありませんね。炎系ポケモンなら、どうしてもウィンディを使ってしまいますから。
Screenshot_20171012-114903[1]_convert_20171012115625
最後にブラッキーです。進化させただけで、使ったことはありません。
今でこそ主力はカイリューやバンギラスになっていますが、カイリューが作れなかった低レベルの頃、ジムバトルではイーブイの進化系ポケモン達が頑張ってくれていたので、私としても愛着があります。もちろん、シャワーズやエーフィは今も主力ポケモンですが。
今回もマニアックに過ぎるのですが、バリバリのポケモントレーナーであるキーブーさんのコメントをお待ちしております(*^_^*)。